フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

仕事場すぐ近く、でもとても分かりにくい場所に海外旅行者向けのホステル「WISE OWL HOSTELS SHIBUYA」がいつのまにかオープンしていました。その1Fはオーガニックな食材を使ったカフェバル。旅行者向けのレストランだと思うのですが、気になったので夜に軽く食事をするために立ち寄ることに。

Mother Farmer's Table

店内はフロントとカフェスペースが区切り無く、アットホームな雰囲気。フロントには海外旅行者の方がチェックインしたりとなんだか不思議。インテリアもカジュアルだけどウッディ等で落ちつきます。

Mother Farmer's Table

丁度20:30までハッピーアワーとのことで対象ドリンクは390円。ということで最初は生ビールから。

Mother Farmer's Table

「前菜の盛り合わせ1480円」
キャロットラペ、ピクルス、秋野菜のカポナータ、サツマイモのシナモンパイ、ノーザンルビーのポテトサラダ、ポークジャーキーかな。6種類野盛り合わせでお酒のアテにピッタリ。

Mother Farmer's Table

個人的にはポテトサラダが良かった。オーガニックな食材は茨城の農家や酪農家から取り寄せているそうで、安心感もありますね。

Mother Farmer's Table

2杯目はワインを。ワインの品揃えはすべて自然派でナチュール。ワインリストを拝見しましたが、結構センスがいい感じで10種類くらいは空いている感じ。この日はハッピーアワーで飲める赤があったので、そちらからチョイス。

Mother Farmer's Table

久しぶりのシュッド・ウエストワイン、AOCベルジュラックの「シャトー・ル・ラズ キュヴェ・グラン・シェーヌ 2010」。メルロー85%、カベルネ・フラン15%。熟っとした果実味に、塩っけを感じるミネラル感が軽やか。ちょっと濃口を飲みたい方とは書いてありましたが、抜栓してしばらく感じでとても飲みやすい。やっぱり隠れたいいワインがありますね、シュッド・ウエスト。

Mother Farmer's Table

最初は人が少なかったのですが時間が経つにつれ、店内は宿泊者や近所の常連さんなどでにぎやかに。空間がまさに旅先の雰囲気で、まさか仕事場からすぐ近くにこんな場所があるなんて、ちょっと驚きました。

Mother Farmer's Table

基本的にはとても分かりにくい場所なのに、なんでこんな人が多いんだろ?とおもって帰りにレセプションの方にお聞きしたら、みなさんネットで予約していらっしゃるとのこと。後から予約サイトやgoogleの口コミをみたら高評価。なるほど、イマドキの旅人達はこうやって集まるんですね。

Mother Farmer's Table

レストランとしてもなかなかセンスがよく、普段使いに良さそう。今度はランチでお伺いしたいと思います!

関連ランキング:自然食 | 神泉駅池尻大橋駅駒場東大前駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村