フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

久しぶりの池袋、そして初のサンシャイン60のスカイレストランでの食事会。直通エレベーターに載ったところ、急に電気が消えたのにビクっとし、そして星がきらめく壁に驚きながらお店に到着しました。

お部屋は個室で外は一面の夜景。いろいろとドキドキしながらの食事会のスタートです。

天空の庭 星のなる木

この日は【温故知新 ONKOCHISHIN】10,000円コースをいただきました。このコースにはグラススパークリングワイン1杯サービスとのことで、こちらでみんなで乾杯!

天空の庭 星のなる木

まずは先付。「虎ふぐぶつたたきと煮凝り 紅時雨大根 青葱 酢橘 ちり酢」。紫の大根おろしにかぼすを絞るとあら不思議、鮮やかなピンク色に。一手間加える演出が楽しい先付け。

星のなる木

前八寸は以下の通り。
・海老出汁の冷製茶碗蒸し 卵黄味噌漬け
・雲子黄身揚げ 檸檬
・鮟鱇肝の柚香煮 柚子淡雪
・海老芋の鴫味噌田楽
・椿寿司
・唐墨大根

和食の八寸はちょっとづつ、いろいろ楽しめるのが嬉しいですね。唐墨やあん肝などお酒もすすむ味ですが、この日はちょっとアルコールは控えめに。

天空の庭 星のなる木

椀物は「霙仕立て のどぐろ 芹 金時人参 薄氷大根 柚子」。大根おろしを雪に大根を氷に見立てての、冬をイメージした椀物。中にはホクホクののどぐろが入っており、お出汁とともにふわっとお魚の旨味が広がります。

天空の庭 星のなる木

調子がちょっとだけでてきたので、アサヒエクストラコールド。冬でも-2度のビールは健在。のどごしが心地良いです。

天空の庭 星のなる木

お造りは「本鮪と旬魚介の御造り 雪景色あしらい」。お刺身にも冬をイメージした表現をほどこしており、コースはやっぱり楽しい。ピカピカなお刺身でお味もバッチリ。

天空の庭 星のなる木

焼物は「寒鰆のコンフィ味噌柚庵焼き 京都堀川牛蒡焼き 千枚小蕪」。脂ののった寒鰆にしっかりした味噌味と柚子の香り。ご飯と一緒にいただきたくなります。付け合わせのごぼうと千枚小蕪もシャキシャキの食感でいいですね。

天空の庭 星のなる木

炊き合わせは「聖護院大根の伊勢海老出汁餡かけ 伊勢海老黄身煮 水菜 芥子」。海老のお出汁が染みた大根にこってりとした海老で味のコントラストを楽しめます。

天空の庭 星のなる木

強肴は「黒毛和牛の炙り 千草 万願寺唐辛子の甘辛煮 柚子胡椒 ちり酢」。上質な和牛はとろけるほどの美味。ちり酢でさっぱりと頂きました。

天空の庭 星のなる木

食事は「岩手県産「ひとめぼれ」純情米プレミアム 香の物 ちりめん山椒 明太子 赤出汁合わせ味噌仕立て」。土鍋で炊いたご飯を取り分けていただき、ピカピカでホクホク。こういうご飯は香の物でシンプルに味わうのが一番!やっぱり炊きたてご飯は美味しいですね。

天空の庭 星のなる木

食後は甘味。「冬の果実と焼き麩秋の和三盆百合根ぜんざい掛け 苺 温州蜜柑 林檎 大納言小豆」。さっぱりとしたフルーツとしっかりとした焼き麩が楽しい甘味でした。

天空の庭 星のなる木

そしてコーヒーも合わせて。

天空の庭 星のなる木

しっかりとしたコースを楽しみつつ、会食の場もとても和やかに過ごせました。窓の外は東京の夜景。一瞬どこにいるんだろうという非日常感も時にはいいかもしれません。ちなみにこちらはお部屋代はかからないとのこと。ちょっとしたお食事会に覚えておくと便利なお店ですね。

天空の庭 星のなる木

天空の庭 星のなる木懐石・会席料理 / 東池袋駅東池袋四丁目駅都電雑司ケ谷駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村