【鎌倉】おこめ天松堂@おしゃれ空間でおむすびとおばんざいと日本酒を楽しむ。

フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

2021年4月訪問。
北鎌倉の自宅から自転車で鎌倉までサイクリングし、ランチは中華粥のお店と思いきや臨時休業。
どうしようかなと思いつつ近くを歩いていたら、2021/4/16に新しくオープンしたお店を発見。
おむすびとおばんざいがいただけるようだったので、立ち寄ってみました。

おこめ天松堂

入り口にも店内にもお祝いのお花でいっぱい。
お店自体も真新しい雰囲気で、スタッフさんもまだ初々しく応援したくなります。

おこめ天松堂

メニューはおむすび単品から選べますが、ランチはおむすびに+でセットメニューがあります。

・味噌汁・鎌倉野菜の漬物セット (おむすび+300円)
・日替わりおばんざいセット(おむすび+500円)おばんざい2品、味噌汁、漬物
・欲張りセット(おむすび+700円)おばんざい2品、好みのおばんざい1品、味噌汁、漬物

おむすびの具材は10種類、お米は3種類から選べます。かなり自分好みにカスタマイズできるイメージですね。

かなり悩ましいのですが、この日は日替わりおばんざいセット500円に、小むすび3種食べ比べ300円を組み合わせて注文しました。

おこめ天松堂

目の前でにぎってくれたおむすびが出てきました。

雪若丸(山形):粒が大きく、はっきりとメリハリがある味。一番味がはっきりしている。
ゆめぴりか(北海道):粘りがありもっちりとした食感、甘みもしっかり。
風さやか(長野):さっぱりと軽い味わい、さらさらいける感じ。

こうやってお米を食べ比べると違いがはっきりして楽しいですね!
おばんざいは、蕪の炊いたんと春菊の白和え。上品な薄味です。

おこめ天松堂

ランチタイムはお酒の提供はありませんが、14時以降は日本酒もいただけるとのこと。
おしゃれな空間とお店の方のホスピタリティがとても居心地がよく、一人でも入りやすい。
気軽におむすびだけでもいいですし、おばんざいをあてに日本酒をゆっくり楽しむのもよさそう。

残念ながらコロナのまん延防止エリアに鎌倉も指定されているので、日本酒を楽しむには5/11以降でしょうか。
おむすびやおばんざいのテイクアウトはあるようなので、当面はそちらを活用する感じですかね。

■お店情報
https://www.instagram.com/okome_tenmatsudo/

関連ランキング:懐石・会席料理 | 鎌倉駅

おこめ 天松堂懐石・会席料理 / 鎌倉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください