【三軒茶屋】鈴しろ@優しいお出汁が体にしみる。日本酒と創作和食と土鍋ご飯。

フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

以前からずっとお伺いしたかった「鈴しろ」さん。今回は日本酒好きな友人に連れてきてもらいました。こちらビブグルマンもとっていらっしゃるんですよね。

鈴しろ

カウンターのみの小さなお店で、若い大将がカウンター越しにニコニコされて、人柄の良さが伝わってきます。

鈴しろ

最初は「王録」で乾杯。日本酒好きな方と一緒のときは、最初にビールも飲まずに日本酒からスタートしちゃいます。

鈴しろ

お料理はお任せコース、日本酒はオススメでいろいろといただきました。料理名はあまり覚えていないので、ざっくりと。

「小松菜と揚げの煮びたし」
最初はこちらのお出汁をシンプルに楽しめる一品。お野菜に染み込んで優しいお味。

鈴しろ

「ウニと生牡蠣のそうめん」
ウニと生牡蠣の組み合わせがびっくりのお椀。旨味の相乗効果が日本酒を誘う味です。

鈴しろ

「澤の花 花あかり 純米吟醸」を口開けで。
メロンやマスカットの甘いかわいい香りと、フレッシュな酸が春らしい華やかさを感じます。

鈴しろ

「ハマグリの潮汁」
大きなハマグリの食べ応えとお出汁の旨さが体に染み渡る、汁椀。

鈴しろ

「ホタルイカとウニのリゾット」かな。
ちょっと洋風を感じる味付けなのですが、ホタルイカの旨味とウニの甘みがご飯とうまく絡み合い、これまた日本酒が飲みたくなります。

鈴しろ

「田中六五 糸島産山田錦純米」
爽やかな香りに米の旨みがぎゅっとしており、酸もしっかり。お料理にとても合わせやすい食中酒。

鈴しろ

「お刺身の盛り合わせ」はさより、いか、ホタテ、真鯛。
どれも新鮮でピカピカ、味ももちろん美味しい。

鈴しろ

焼き物といって出してくださったのがこちら。鱗付きの鯛の皮目をパリりと焼いて生海苔の入ったお出汁に入れたもの。フレンチのような焼き方にお出汁のマリアージュ。いいですね。

鈴しろ

「えび真丈のガダイフ揚げ」
こちらも和食ではあまり見かけないガダイフを衣にえび真丈を揚げたもの。サクサクの衣が気持ちいい、食感も味も美味しい揚げ物。

鈴しろ

「旭菊 大地 特別純米」
福岡のお酒だそう。米の旨みが前面に、酸は控えめのバランスのいい味わい。芯があるのでお肉にも合いそう。

鈴しろ

お肉料理は豚肉をグリルして、優しいミルクソースを合わせたもの。こちらも和食というより洋風なスタイル。ですが、ソースにはお出汁が使われており、どこか日本酒にも合う心地よい味。

鈴しろ

鈴しろ

ぬる燗のお酒が飲みたいとリクエストしたら、こちらを出してくれました。

「醸し人九平次 純米大吟醸 火と月の間に」
九平次のお燗で飲む用のお酒とのこと。ぬる燗でいただきましたが、酸味に丸みが出て、凝縮された甘味や旨味がすっと身体に染み込んでいくよう。

鈴しろ

そんなぬる燗に合わせたのが、こちらのスペシャリテの「おでん」。透明なお出汁に美しい大根やつみれや卵が鎮座しています。とにかくこのお出汁が心地よい味なんです。

鈴しろ

「悦 凱陣  純米酒」
今度は香川のお酒をこの後に出てくる土鍋ご飯に合わせて。すっきりした香りと、まろやかな旨みが芯があるお酒です。

鈴しろ

土鍋ご飯は2種類あったので、両方いただきました。

まずは「ホタルイカとそらまめ」。見た目が春らしい土鍋ご飯。ホタルイカの旨味とソラマメのホクホク感がたまりません。

鈴しろ

取り分けてもらい、お味噌汁と共にいただきました。

鈴しろ

2つ目は「真鯛とタケノコ」。こちらはお頭がインパクトのある土鍋ご飯。角切りのたけのこに山椒の香りがたまりません。

鈴しろ

鯛の身をほぐしてもらい、盛り付けてもらいました。こちらはちょっとだけいただき、おにぎりにして持ち帰りました。

鈴しろ

どのお料理も日本酒との合わせをイメージして、一工夫されておりセンスがいい。その上、上品なお出汁が優しくお料理を包み込んで、日本酒が自然に美味しく進んでしまうんです。

お料理を作ってくれた大将も人柄がよく素敵でしたが、お酒をサーブしてくれた女性も本当に日本酒好きが伝わってきて、心地よく食事ができました。

ここは日本酒好きならば何度も足を運びたくなりますね!
日本酒好きな方にオススメしたいお店です。

関連ランキング:居酒屋 | 西太子堂駅三軒茶屋駅若林駅

鈴しろ居酒屋 / 西太子堂駅三軒茶屋駅若林駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください