友人たちと何気に飲みにいこうという話になり、だったら以前から行きたかったクオーレ・フォルテに行きたい!ということで、3週間前から予約をいれての訪問です。

お伺いした日は金曜日ということもあり、満席。予約を入れた時点でカウンター席しかありませんといわれ、しょうがないかなと思ったのですが、来てみるとカウンター席のほうが特等席。店員さんにも声がかけやすし、お料理をしているところがみれてなかなかいい感じ。とりあえずプレモルで乾杯です!

カウンター席は特等席かもw@クオーレ・フォルテ(Cuore forte)

この日の参加メンバーはお酒好きな6人。店員さんと相談しておそらく食事がっつりよりはワインに走るだろうということで、お料理は様子をみながら適量を出していただくことに。まずは前菜をちょっとづつ6品盛りつけていただきました。どれもワインに合いそうなお料理たちばかり。

前菜の盛り合わせ@クオーレ・フォルテ(Cuore forte)

早速最初のワインは白で軽めでお願いしますということで「Querciole 2011 Ca de Noci」を選んでいただきました。辛口の微発砲ワインでめちゃくちゃライトな口当たり。あ、、ビール頼まずにこちらを1杯目にすればよかったと少し後悔。先ほどだして頂いたお料理と共にいただきます。

Querciole 2011 Ca de Noci@クオーレ・フォルテ(Cuore forte)

6人なのであっという間に1本が空になりました。2本目のワインはもう少ししっかりした白をということで「Bianco dei Muni」を。以前仙川のカスレさんで飲んで結構気に入ったワインだったので、また再会できたのがちょっとうれしい。先ほどよりしっかり目の味で、シャルドネの上品さとミネラル感のバランスがよく、ほんのり蜜のような雰囲気もあるんですよね。個人的にはドライでやはり好きな味です。

Bianco dei Muni@クオーレ・フォルテ(Cuore forte)

前菜がなくなったので、つづいては「ゼッポリーネ」。ピッツア生地に岩のりをいれて揚げたお料理です。目の前で揚げてもらい、アツアツの状態で出てきました。これはワインがすすみますね。

ゼッポリーニ@クオーレ・フォルテ(Cuore forte)

そして「スップリ」も出てきました。イタリアのコロッケだそうで、中にジャガイモとお魚が入っていました。お魚の名前をきいたようなきもしますが、失念です。味がしっかりとしているので、何もかけずにこのまま頂きました。何となく懐かしく素朴な味です。

スップリ@クオーレ・フォルテ(Cuore forte)

そろそろお肉もでてくるということで、3本めは赤ワインを。最初は軽めがよいということで「2011 Tenuta Migliavacca Grignolino del Monferrato Casalese」を選んでいただきました。かなりライトな赤でお肉に合うかな?とちょっと不安に。

2011 Tenuta Migliavacca Grignolino del Monferrato Casalese@クオーレ・フォルテ(Cuore forte)

そしてこちらのにきたら絶対頂きたいと思っていた「豚バラ肉のポルケッタ&豚肩ロースのロースト」。手前のボルケッタの存在感といったら半端ないです。お味はというと豚肉に香草の風味がしっかりと入っており、表面はかりっと香ばしく、中は脂のジューシーさがたまりません。そしてもう一品の豚肩ロースのローストは低温でじっくりとローストしているので赤身がちょっと残っていますが、味はとっても上品で柔らかいお肉がいい。豚肉がこんなに美味しいと感じたのは久しぶり。そしてワインとの相性がめちゃくちゃ抜群!これは素敵すぎる!

豚バラ肉のポルケッタ&豚肩ロースのロースト@クオーレ・フォルテ(Cuore forte)

お料理に触発されて、もっと重めの赤をということでこちらをだしていただきました。アリアニコ100%の「カンティーナ・ジャルディーノのレ・フォーレ」。ラベルにはブドウが1房なっているイラストでちょっとアーティスティックな感じ。先ほどのワインより見た目も濃く、しっかり目のお味。

名前が分からない@クオーレ・フォルテ(Cuore forte)

そしてお腹は既にいっぱいなのですが、目の前で何度も作られていた「豚肉と香味野菜のラグーソース」がどうしても食べたくなり、3人で一皿ということでオーダ。見た目もすごく食欲をそそるのですが、程よいアルデンテの麺と濃厚で力強いソースのからみ具合が抜群で黙々と頂いてしまいました。とっても病みつきになりそうなパスタですね。

豚肉と香味野菜のラグーソース@クオーレ・フォルテ(Cuore forte)

すでに酔っぱらいな感じで飲んでいると、下のお店からオーナーさんがいらっしゃって、ココによく来ている友人と談笑。最後に特別のワインをとのオーダに「2000 OLTREPO PAVESE ROSSO VIGNA BARBACARLO」を出していただきました。一口いただくとびりりとした微発砲の口当たりに、まろやかに熟成されたタンニンと酸のバランスがすてきでドライな飲み口。週末の最後を飾るにはすごくいい。さすが、特別なワインですねw

2000 OLTREPO PAVESE ROSSO VIGNA BARBACARLO@クオーレ・フォルテ(Cuore forte)

この日はあまりにも楽しく、美味しすぎてなんだか12時過ぎまでおじゃましてしまいました。とにかくいろいろなビオワインが楽しめる上に、お料理はワインを飲む人に合わせたメニューや味付けでとにかくバランスも最高によいです。

こちららのお店は「ワインを飲んで、それに合わせてお料理をいただきたい」というニーズに合わせてのバーなのでしょう。私自身はワイン大好きなので、自分にはとてもマッチしてすごく好きなタイプのお店でした。そしてカウンターの居心地のよさ、店員さんの気持ちよいサービスもかなりポイントは高いので、今度は1人でふらりと来てみようかな。

クオーレ・フォルテ

夜総合点★★★☆☆ 3.9

関連ランキング:ワインバー | 下北沢駅東北沢駅池ノ上駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村