タイ料理にはちょっとうるさいおじさまの主催で、タイ料理を食べにいってきました。そのおじさまはビジネスでタイによく行かれたりしていて、タイ語もしゃべる強者。東京のタイ料理はいまいちといいつつ、でもこのお店は近頃のお気に入りなんだよねということ。それだったらみんなで行こう!ということで週末に集まることにしました。

当日はあいにくの雨。場所は駅から近いのですが分かりづらいらしい。初めてのところということもあり少々心配だったのですが、路地に入るところに看板があり迷うことなくあっさりお店に到着してしまいました。

この日はあいにくの雨@ピーナッツ食堂

中に入るとカラフルな壁にかわいらしい小物たちが飾ってあって、雑貨屋さんみたい。なんとなく清潔感もあってすごくいい感じ。

かわいい店内@ピーナッツ食堂

奥の席には主催していただいたおじさまが1人。珍しく2番乗りで他の方は遅れているとのこと。この日は9人が集まる予定ですが、集まりが遅いのでまったりと待つことに。それにしても奥に張ってあるタイ国王のポスターもインテリアとしておしゃれに見えるから不思議。

タイの国王の写真@ピーナッツ食堂

とりあえずみなさんがくるまで、おじさまと2人で生ビールで乾杯。生は「ハートランド530円」。

生ビールはハートランド@ピーナッツ食堂

ビールを飲みながらえびせんをつまんでいると、パラパラと集まりだしました。なんともフリーダムなメンバーですw。ある程度集まったところで、ビール片手に再度乾杯!そしてお料理もどんどん注文することに。今回はおじさまセレクトにしたので、何がでてくるか楽しみです。

最初に「コームヤーン(豚トロの炙り焼き)900円」。辛いタレと酸っぱいタレをお好みでつけていただきます。

コームヤーン(豚トロの炙り焼き)@ピーナッツ食堂

つづいて「ポッピアソット(生春巻き)一本890円」。もっちりした皮としゃきっとした野菜と海老の組み合わせには間違いなく、こちらにきたら頼みたい一品かな。

ポッピアソット(生春巻き)@ピーナッツ食堂

「プラークン(海老とタイハーブのサラダ)890円」は海老をこってりの甘辛酸っぱいの味付けで仕上げています。この味はご飯がいるよね、ということで追加でもち米もオーダーしました。ビールを飲みながら海老、残ったタレはご飯にとこれがまたやめられない美味しさ!屋台風というかタイの家庭風というか、こういう食べ方はすごく楽しい!

プラークン(海老とタイハーブのサラダ)@ピーナッツ食堂

「タイソーセージの盛り合わせ」。盛り合わせていただいたのでお値段不明。それにしてもこのソーセージ、ジャンキーな美味しさでちょっとびっくり。特に丸い腸詰めなんですが、外側がぱりっと内側がもっちり、そして旨味の中にちょっと酸味もあるという何とも味のバランスがすてき。後から聞いてみると「東北地方名産もち米いり炙りソーセージ」とのこと。これはビールに合い過ぎ!

タイソーセージの盛り合わせ@ピーナッツ食堂

そもそも飲むメンバーが集まっているので、お酒の減りも早かったりします。ということで次は「レオビール 600円」にしてみました。レオビールってタイ料理屋さんでもあまり見かけないような気がします。さっぱりと飲みやすく、他のタイビールよりちょっとコクもあるかな。ちなみにこのレオビールには黒もあるようです。

レオビール@ピーナッツ食堂

お料理はどんどんでてきます。「クンオップンセン(海老と春雨のタイハーブ蒸し)1300円」。海老の旨味が春雨にしみ込んだお料理で、海老より春雨を楽しむんだよとみんなに春雨を支給するおじさま。海老も食べたいですw。ちょっと生姜が多すぎる気もしましたが、確かに春雨が美味しい。

クンオップンセン(海老と春雨のタイハーブ蒸し)@ピーナッツ食堂

ここで「ソムタム(青パパイヤのサラダ)980円 」も出てきました。ソムタムといえばかなり辛いイメージなのですが、辛さをおさえめにしていただいたので、程よい酸っぱ辛いですごく食べやすい。これならば辛いのが苦手な方も大丈夫だと思います。

ソムタム(青パパイヤのサラダ)

炒め物からは「カナームーグローブ(カイラン菜とカリカリ豚の炒め物)990円」。黒い塊はなんだろうと思って食べてみると、豚をかりかりになるまで揚げたものでちょっと体に悪そうなのですが、意外にこれが癖になる。カイラン菜は食感もよく癖もないので、個性のある豚肉との相性も良い感じ。これは空心菜の炒め物より好きかな。

カナームーグローブ(カイラン菜とカリカリ豚の炒め物)@ピーナッツ食堂

スープからは辛くない「トムカーガイ(鶏肉とココナッツミルクのスープ)1050円」を。ココナッツのコクとレモングラスの風味、鶏肉のうまみに酸味が加わり、外さない感じですね。これも好きな料理。

トムカーガイ(鶏肉とココナッツミルクのスープ)@ピーナッツ食堂

そして「プーニムポンカレー(ソフトシェルクラブカレー炒め)1200円」。甘辛いカレーソースに殻までいただけるソフトシェルクラブが美味しいんですよね。

プーニムポンカレー(ソフトシェルクラブカレー炒め)@ピーナッツ食堂

人数が多いといろいろな種類がいただけて本当に楽しい。そしてお酒もワインが3本ほど空いてしまいました。そろそろお腹が一杯ということで、麺類を頼むことに。おじさまがタイ語で店員と相談して、メニューには乗っていない「汁なし麺」を出していただきました。

取り分けて、お酢とお砂糖とナンプラーをいれて自分好みの味に仕上げてからいただきます。麺類は自分の好きな味にできるのが嬉しい。人になんといわれようとお砂糖とお酢はたっぷりいれて味にメリハリをつけるのが好きなんです。

汁なし麺@ピーナッツ食堂

そしてデザートは「マンゴーともち米」。今日のマンゴーはちょっと酸っぱいかもといわれた通り、ちょっと熟す前のマンゴーで酸っぱめ。その分ココナッツミルクをたっぷりとかけていただきました。またもやもち米つきで美味しいんですが、この日はどれだけもち米を食べたことやら。珍しくカロリーが気になってしまいました。

デザートは定番のマンゴー@ピーナッツ食堂

結局この日は食べて飲んで1人6000円くらいだったかな。かなり飲んだので平均単価よりちょっとお高めですが、逆にこれだけ飲んでこの値段はやはり悪くないかも。それ以上に、みなさんとワイワイと楽しく食事ができたのがよかった。やはりタイ料理はみんなで楽しくいただくのが王道!

お料理的には日本人に合わせた味付けのような気もしますが、気軽にタイ料理を頂きたいときはすこく重宝するお店ではないでしょうか。場所的になかなか行きづらい場所なのですが、またみんなでタイ料理を食べようとなったらまたこちらにお伺いしたいですね。

ピーナッツ食堂

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:タイ料理 | 人形町駅水天宮前駅茅場町駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村