フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

あまり土地勘のない茅場町での夕方の打ち合わせ。その後、ちょっと小腹がすいたので気軽に入れそうなお店をさがすことに。なんか串ものがいいなあと思っていたところ、キレイめな串揚げ屋さんを発見。あまり混んでいなかったようなので、1人でふらりと入ることに。

串処 小林

中はコの字のカウンターで、その中にはきりっとした職人さんが。もしかしたら高級なお店なのかな?と思い、メニューを聞いてみたところ、コースが2種類のみで1600円と2700円があるとのこと。お手頃な1600円があったので、こちらをお願いすることにしました。

串処 小林

それにしても目の前に不思議な台が。こちらは揚げた串をおく専用の台とのこと。お寿司を置いても良さそうな、センスのいい台ですね。そしてお手拭きは手ぬぐい、こちらもオシャレ。

串処 小林

ちなみに「串セットコース 1600円」は本日の酒のアテ3種、サラダ、串揚げ7本。私にはちょうど良さそう。まずは「生ビール 500円」を注文し、酒のアテ1つめが出てきました。胡麻豆腐にふのりそしてアクセントに生姜がかかっていて、まぜていただきます。滑らかな口当たりにふのりのシャキシャキ感、すごく優しい味。

串処 小林

残りの酒のアテ2種がでてきました。ミモレット銀杏 、イカそうめん。イカそうめんはお醤油か納豆醤油でいただくとのこと。銀杏にミモレットチーズが衣のようについており、見た目も綺麗で美味しいアテ。そしてイカそうめんは納豆醤油とちょっと変わった組み合わせで面白いですね。

串処 小林

そしてサラダ。こちらはレタスベースのシンプルなもの。写真をとるのにちょうどよかったので、串揚げ台に置いちゃいました。(すいません。。)

串処 小林

最初の串揚げがでてきました。「天使の海老」。頭からお尻までパリッと揚がっており、全部いただけるとのこと。それにしても衣がパウダリーで脂っぽくない!そして海老のよさが全面に引き出している一本。美味しい!

串処 小林

続いては「しいたけ」と「ささみわさび」。この2本もシンプルは素材を生かす感じでいいですね。

串処 小林

そして黒ごまの衣に身をつつんだ「サーモンの黒ごま揚げ」。胡麻の香ばしさとサーモン、そしてタルタルソースが洋風で美味しい!!

串処 小林

「エシャロット」。こちらはシンプルに。

串処 小林

ビールの後はどうしようかと迷ったのですが、こういう揚物はシュワシュワなものが合うので、珍しくハイボールを頼んでみることに。「自家製塩レモンハイボール 600円」。少し塩分の聞いたレモン味で揚物と合わせると、口の中をさっぱりと爽やかにしてくれます。

串処 小林

「稚鮎」。程よい大きさに鮎の苦みと旨味がちゃんと詰まっていて、これは美味しく食べやすい!今年は鮎に縁があるような気がします。

串処 小林

最後の串はなんと「フォアグラ」。サイコロ状のフォアグラにバルサミコソースと何とも洋風。中はジューシーでこってりしており、揚げ物にしても合うんですね。

串処 小林

コースの串はここで終了。ちなみにコースを一通り出た後、足りなければ追加で単品串を頼むことができます。メニューをみて気になっていた「ヤングコーン350円」を。シャキシャキの食感が大好き。

串処 小林

そして「牡蠣の春巻き 200円」。こちらは短い串なんですね。牡蠣の旨味を春巻きで包み込んでおりました。

串処 小林

とにかく店内や器などの雰囲気がオシャレな印象で、そしてカウンターがメインなので女性ひとりでも全然平気。そしてコースでもいろいろな種類をいただけるのもいい。コース+串を追加しましたが、お会計も3600円くらいととてもお手頃で使い勝手がいいお店だと思います。

とっても綺麗な店内だなあと思っていたら、オープンしたばかりとのこと。メインのコースも2700円と良さそうだったので、次回また打ち合わせがあるときに合わせて改めてお伺いしてみようかな。

関連ランキング:串揚げ | 茅場町駅八丁堀駅日本橋駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村