フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

あまり食べにいく機会がないのですが、実はエスニック料理は大好き!そんなことを知ってか知らずか、エスニックな大好きな皆様の集まりにお声をかけていただきました。場所は恵比寿の駅近くにある屋台風のタイ料理「ラオラオ」さん。いってみると本当に駅から近くて使い勝手がよさそう!

外観@ラオラオ

店内はとてもぎゅっとした感じで、屋台な雰囲気がでています。キッチンにも近いのでお店の人にも話しかけやすく、こういう感じ嫌いじゃありません。メニューも写真で分かりやすくはっているので、すごく選びやすくていいですね。

店内のメニュー@ラオラオ

タイ料理といったらまずはタイビール。「チャーンビール 620円」があったので、こちらで乾杯!

Chang@ラオラオ

最初は「えびせん」から。やっぱりタイビールとえびせんはタイ料理屋さんでの定番!これがないと始まりません。

海老チップ@ラオラオ

こちらも定番の「生春巻き 1本250円」。シャキシャキのお野菜と海老でもうサラダのよう。

生春巻き@ラオラオ

タイ料理屋さんでは珍しいメニュー「タイカルパッチョ 1980円」。こちらのオリジナルのようで、鶏のささみ、鶏のモモ肉、鯛、帆立の4種盛り。たっぷりのお野菜と新鮮なお肉&魚介のお刺身、ピリ辛のタレがなかなかいい!

タイカルパッチョ@ラオラオ

「魚介の春雨サラダ 650円」もたっぷりのお野菜と春雨に海老やイカ、ひき肉がはいっており、もちろんぴりっと辛い味。思っていたよりボリューミーでこれだけでお腹がいっぱいになりそう。

魚介の春雨サラダ@ラオラオ

そしてとても気になった「よだれ鶏 720円」。柔らかな鶏肉に何ともいえないピリっと甘辛なタレが美味。薬味のパクチーやネギと合わせるとご飯のおともにバッチリな一皿。

よだれ鶏@ラオラオ

そんなよだれ鶏と合わせるのは日本カオニャオ協会推進の「カオニャオ 290円」。カオニャオはよだれ鶏とぴったり。飲んだらご飯を食べない私が、モリモリといただいてしまいました。やっぱりお米って美味しいなあ。

カオニャオ@ラオラオ

そしてこちらも面白い「白いグリーンカレー 950円」。グリーンカレーなのに白い?と思い、いただいたところ、ココナッツ多めなレシピなんですね。ミルキーでまろやかな口当たりで、辛さは控えめ。これは辛いのが苦手な方も美味しくいただけると思います。

白いグリーンカレー@ラオラオ

ご飯を食べた後ですが、ここで「タイスキ鍋一人前 1350円」。ボリュームは4−5人前くらいだったはず!魚介と野菜がたっぷりの鍋にじっくりと火を入れていきます。

タイスキ@ラオラオ

山盛りだった具材が、火が通ってやっとお鍋の高さにおさまりました。この後しばらくして火が通ったところで、シェアしていただきます。私は辛さがそんなに強くないので、このタイスキの味つけでちょうど良い感じ。ご一緒したエスニックな方は、辛味をいろいろ追加して自分好みに辛さをアレンジしておりました。

タイスキ@ラオラオ

そして〆はセンレックを追加して、タイスキ麺に。こちらにはお酢、砂糖、唐辛子、ナンプラーで味を整えていただきました。麺といえばやっぱり酸辛甘のバランスですよね!

タイスキの〆は麺!@ラオラオ

この日は5人でお伺いして、ひとり4000円くらい。やっぱりお手頃ですね、タイ料理。ちなみに日本人の方が作っているためか、全体的に和の要素も取り入れた優しめの味わいとなっており、とても食べやすかったです。

タイ料理って1人だとどうしてもいろんな種類を食べることができないのですが、ある程度人数が集まるといろいろいただけて楽しい!駅近で集まりやすいので、みんなで集まるときにまた利用してみたいと思います。

タイ屋台 ラオラオタイ料理 / 恵比寿駅代官山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村