田町に用事があり、その帰り妹と待ち合わせてさしのみすることに。どこかよさそうなところはないかと探してみたところ、オープンしたての魚介専門の居酒屋さんを発見。日本酒が置いてあったのでふらりと訪問してみました。

飲食ビルの3Fにあるお店は、平日は近所のサラリーマンなどで賑わっていそうな雰囲気ですが、この日はゆったりと貸し切り状態。週末のオフィス街はこんな感じですよね。

手書きのメッセージ@笑う門には魚来たる

とりあえず空いていたので個室に通してもらい、お料理と日本酒を注文。最初に出てきたのがお通しの「ハマグリの清し汁」。お酒を飲む人向けの、肝臓に優しそうなサービスはちょっと嬉しい。

お通し@笑う門には魚来たる

まずでてきたのが「自家製ポテトサラダ 480円(ハーフサイズ)」。升に入ったポテサラの上にはたっぷりのいくら。そして横になぜかカニ足。思っていた以上にお得感満載でインパクトがある一品。結構おすすめかも。

自家製ポテトサラダ@笑う門には魚来たる

そしてお酒はもちろん日本酒。まずは「貴 特別純米(グラス) 700円」から。甘い香りに爽やかな旨味とコクがたまらない、最強の食中酒!やっぱり旨いです。

貴@笑う門には魚来たる

お刺身系からは「笑魚盛り780円(1人前)」。2人前から注文可能です。お刺身がきれいに見える盛りつけで、階段状になっているところに、本マグロ、のどぐろ、カンパチ、ぶりがのっています。そして生牡蠣、ウニは殻付きで。見た目の楽しさも素敵なのですが、旬なお刺身たちはお味も大満足。

笑魚盛り@笑う門には魚来たる

煮付けからは「銀むつの煮付け 900円」。さっぱりとコクのある白身が旨いのですが、、この日の切り身はアラに近いところで、食べるところがあまり無かったのが残念。

銀むつの煮付け@笑う門には魚来たる

2杯目の日本酒は「特別純米 大倉(グラス) 600円」。奈良の地酒でオオセト米を使った直汲み無濾過生原酒。フレッシュな香りにお米のふくよかな甘味が広がります。

大倉@笑う門には魚来たる

お魚以外もすこしいただきたくなり、ちょっと気になった「アンチョビバターのポテトフライ 680円」を箸休め的に頼んでみましたが、これがあたり。程よいアンチョビの塩加減とバターがやめられないとまらない味。

アンチョビバターのポテトフライ@笑う門には魚来たる

またお魚にもどって焼き魚の「しまほっけ 500円(1/4サイズ)」。なんとサイズはフルサイズ、1/2、1/4が選べるんです。2人なので一番小さいサイズで十分。表面はパリッと中はふっくらしており、これは白いご飯が欲しくなる一皿。

しまほっけ@笑う門には魚来たる

程よくお腹が一杯になってきたのですが、どうしても気になる「鰤しゃぶ」を店員さんにお願いして1人分で注文。お刺身でもいただいたブリを今度はしゃぶしゃぶで。表面を軽くしゃぶしゃぶしてポン酢でさっぱりといただきます。火をいれてもやはりブリは旬のブリは楽しめますね!

鰤しゃぶ@笑う門には魚来たる

そして〆は甘いものから「わらび餅 380円」。お茶をいただきつつ、和スイーツでまったりと。

わらび餅@笑う門には魚来たる

店名がかなりユニークですがお料理は普通の居酒屋さんよりしっかりとしたイメージで、日本酒も季節によって評判のいいものを入れているとのこと。EXILE風の店長さんも明るく丁寧で、気軽にいろいろと聞ける雰囲気もよかったです。

少人数でもいいのですが大人数も対応した席もあり、場所柄会社の宴会やらにも使い勝手は良さそうですね。日本酒好き、お魚好きの方にはおすすめなお店でした。

笑う門には魚来たる 田町・芝浦店

夜総合点★★★☆☆ 3.6

関連ランキング:居酒屋 | 田町駅三田駅芝浦ふ頭駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村