去年オープンした時からちょっと気になっていたこちらのお店。時々Facebookページをのぞきつつ、お伺いする機会を狙っておりました。この日は恵比寿からの打ち合わせの後、代々木上原に下車。あまりにも疲れていたので、少し飲んでから帰ろうと思い、思い切ってこちらのドアを開けることにしました。

お店に入るとすでにお客さんが何組かいらっしゃって、お店の人も慌ただしそう。一人なのでカウンター席に案内され着席。カウンター越しに見えるキッチンは器自体がインテリアになっていて、なかなかセンスがいい。

カウンター席@中戸川

まずは飲み物を注文。「淡墨桜 純米生原酒(岐阜)800円」ハツシモというお米を使った達磨正宗の日本酒をチョイス。どんな料理にも合いそうな、米の旨味がしっかりと伝わる食中酒的な感じのお酒。それにしても酒器がとっても素敵で、ゴールドの片口とおちょこは錫とのこと。ここに桜の花びらを浮かべたら絵になりそう。

淡墨桜(岐阜)@中戸川

そんなことを思いつつ、お通しの「生しらす」にお醤油をちょっとたらしていただきます。先ほどの日本酒にぴったりです!

お通しの生シラス@中戸川

お料理はちょっとだけつまみたかったのでお任せで前菜の盛り合わせをお願いしました。和テイストのものが出てくるかとおもいきや、人参とパクチーのサラダ、生ハムとイチジク、ひよこ豆のサラダ、白レバーの4種盛りとワインが合いそうなラインナップ。お酒のチョイスをミスったかなと思いきや、淡墨桜はこういうお料理に合わせても悪くない。

前菜盛り合わせ@中戸川

ところで一人でくるとなにげなく観察してしまうのですが、ここは店員さんが3人いて2人が料理をつくり、一人がホールといった構成みたい。この日のお客はテーブル席に5人客と2人客の2組、カウンター席に2人客と私も入れた1人客が2組という状態で、ずっと慌ただしそうにしている。

私の料理も出てくるまで時間がかかりオペレーションがまだ駄目なのかなと思っていたら、目の前で料理をしている店主が「これ、お待たせしたお詫びです。」といわしのフリットを出してくれました。何気にちゃんと気にしてくださっていたんだなと、その心遣いを嬉しく感じながら揚げたてのフリットを美味しくいただきました。

おまけのいわしのフリット@中戸川

そしてその店主が次のお料理に取りかかっているなあと眺めていたら、なんと手打ちのパスタをつくりはじめたではないですか!パスタが美味しいと噂に聞いていたのですが、注文を受けてからパスタマシーンで麺をつくり、茹でているようです。これはかなり凝っていますね。

パスタを横目に、この日はちょい飲みで終了。お会計は2500円なり。

入り口@中戸川

店名に「オトナノイザカヤ」と入っていたので、どんな感じだろうとずっと思っていたのですが、ひと手間かけたお料理を気軽にセンスよく落ちついていただける、そのバランス感覚が代々木上原という街にマッチしている印象。和×伊の創作料理もなかなか面白いし、客層をみると味にうるさいこの界隈の大人たちが集っている感じでした。私も今度はオトナの方を集めてパスタまでしっかりと堪能したいと思います。

中戸川

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:居酒屋 | 代々木上原駅代々木八幡駅東北沢駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村