先日、11/17(木)に「京都・丹後PRフェアin東京」に参加して参りました。場所はリーガロイヤルホテル東京です。

会場はリーガロイヤルホテル東京@京都・丹後PRフェアin東京

このイベントは京都丹後地方を知ってもらうイベントで、特にこの冬女性に来てほしい!ということで女性中心に集まっておりました。私自身、丹後って名前はきいたことあるけど京都なんだ!というのは今回初めて認識できました。

イベントは3部構成で、第1部はプレゼンテーションタイムです。3名の方が丹後の地理的なことや名産を説明していただきましたよ。

(1)「丹後地域の概要」(小西氏)では、丹後地方は京都から車で2時間、日本海に面した地域で、天橋立で有名な宮津市や海軍があった舞鶴市、伊根ぶりの伊根町など観光名所が多くあるとのこと。日本海の魚介類だけでなく、お水がきれいなことからお米や地酒もつくられているとのことでした。

(2)「丹後のカニのおいしさの秘密」(山崎氏)では、乱獲、混獲で減少しつつあったカニを地域で工夫し、保護しながら私たちに提供していることを教えていただきました。ブランドカニというだけあって、なんといっても5匹で最高19万の値をつけるほど高価なカニを地域できっちりと管理しながら取り組んでいる姿にとても感心しました。

(3)「日本三大ブリ漁場 伊根ブリのおいしさの秘密」(橋本氏)では、橋本氏ご自身が「伊根ブリ」を育ている漁師さんで、美味しいブリを提供するための、育て方の工夫など教えていただきました。とにかく一匹一匹大切に育ているのがびんびん伝わってきました。

第一部はプレゼンテーション。@京都・丹後PRフェアin東京

第1部のプレゼンで丹後地方の概要を理解したところで、第2部「女を磨く旅・京都・丹後」ということで、実際に丹後地方を旅してきた櫻井淳子さんとのトークセッションです。お話をきいていると忙しい毎日を忘れて、ゆったりとすてきな時間を過ごされたようです。なんといっても美味しい冬の味覚の寒ブリやカニをいただき、温泉に入り、そしてパワースポットの眞名井神社を参拝してなど、元気にならない訳がないという感じでしたね。

第2部は櫻井淳子さんのトークセッション@京都・丹後PRフェアin東京

トークセッションの後は会場を変えて、第3部「食の宝庫 京都・丹後を味わう」です。別な会場では既にプレゼンで説明を受けた市町村ブースでPR合戦です。

ブースを回る人々。女性ばっかりです。@京都・丹後PRフェアin東京

舞鶴市のブースでは、肉じゃがの発祥といわれた海軍レシピの肉じゃがのコロッケを試食。甘みのある素朴なお味でした。

会場を変えて、ブースでのPR合戦。肉じゃがコロッケの試食@京都・丹後PRフェアin東京

丹後ちりめんで有名な与謝野町では、絹を食用に開発した「シルクパウダー入り」のお豆腐や、海軍ロール、コシヒカリなどがありました。

こちらはシルクの粉、ロールケーキ、お米を紹介@京都・丹後PRフェアin東京

こちらは地酒ブース。丹後地方ってこんなにも地酒があるなんて知りませんでした。この後の食事でいろいろな日本酒の試飲もすることができましたよ。

地酒紹介ブース@京都・丹後PRフェアin東京

そしてこちらは寒ブリで有名な伊根町ブース。ブリ以外にも魚介類が豊富にとれるということで、一夜干しのイカと煮干しが試食できました。なんといっても煮干しが美味しかったです!

伊根町の煮干しは美味しかった!@京都・丹後PRフェアin東京

他にもいろいろありましたが、個人的に気になったところをピックアップさせていただきました。この後はいよいよ大試食会ですが、続きは後ほどw。

【丹後のことをもっと知りたくなったらこちら】
 ゆったり丹後-丹後広域観光キャンペーン http://www.tangokankou.jp/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村