寒い日が続きますね。私はちょいと体調を崩して散歩に出掛けるのもおっくうなのですが、黒犬レンのありあまるパワーを消費してもらわないと、いろんなものが破壊されるという犠牲が伴います。こないだも黒犬クッションの中味の綿が半分くらい引き出されておりました。。ということで人間が調子が悪くても、いつものごとくほっかむりをつけてお散歩です。

朝のワンワン広場では相変わらず元気なワンコが集まります。この日も4−5匹集まって、ノーリードで走り回っておりました。3歳になってから黒犬は以前ほど社交的じゃなくなったような気がします。この日もハイテンションのいつものお友達が近寄ってきても、軽くニオイをかいで視線をそらしております。

散歩なう。おはー。

黒犬「ぼくは大人になったのだ。こんなテンションの高いワンコと一緒にしないでくれ。」

といいたげに、じゃれているワンコ片目に隅のにおいを1匹で嗅ぎ回るのでした。どうも他のワンコはみんな年下だったので、やっぱり若いのではしゃいでいるのかなって感じました。

それにしても、ぐいぐいマイペースで歩く黒犬。たったか、たったか、、と歩いたと思うと、今きたところを振り返り「じーー」と見つめております。

やっとのことで散歩なう。軽快に走る黒犬がうらやましい。

今きたところを振り返り「じーー」と見つめております。

うーん、だれかこないかなあ〜。

黒犬「だれかこないかな〜。」

さっきのワンコたちにはクールに振る舞っていたのですが、本当は寂しがりなんで、いろんなワンコとふれあいたい黒犬なのでした。で、このあとは残念ながらワンコには会えずじまい。残念、また明日会うお友達に期待しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村