昔ながらの高級中華の店。1つ400円の餃子のお味はいかに?!@登龍 麻布店(麻布十番)

友人の「1個400円の餃子が食べたい!!」という発言がきっかけで、麻布十番にある高級中華店の「登龍」さんに行ってきました。

仕切りは麻布十番在住で、登龍さんを知り尽くしている友人。出前もちょくちょくとっているということで、餃子以外も麺類がおすすめとのこと。とはいいつつも1番の目的は「餃子」なので、まずは最初に餃子をだしていただくように注文して、あとは麺類とランチメニューをみんなでシェアすることにしました。

その前に餃子といえば、まずは生ビール。クリーミーな泡が時間がたっても消えず、ビールといえども素敵に出していただきました。さすが高級店ですね!

高級餃子をいただくのでまずはビア。@登龍 麻布店

そして目的の「餃子5個2000円」。大きさは通常の餃子の1.5〜2倍くらいでしょうか。中身がみっちりつまっています。とりあえず一口いただいてみると、なかのお肉がやさしくふわっと広がります。よくある餃子だとにんにくが強くって、お肉自体の味ってあまり伝わってこないのですが、餃子の皮とお肉のバランスがすごくよくってさすが高級餃子という感じ。具材には餃子あんのお肉のお野菜の中に春雨が細かく刻んで入っているのもポイントですね。最初のインパクトはそんなに強くないのですが、後から旨みがじわじわきて、噂の餃子はとっても上品なお味でした。

噂の1個400円の餃子!5個で2000円なり。@登龍 麻布店

ランチメニューはメインのお料理とライス、フカヒレスープ、ザーサイがついて2300円。この日は5種類から選べたのですが、「五目海鮮入り炒めもの」と「車エビのチリソース煮込み」をチョイス。こちらをみんなでシェアします。

「五目海鮮入り炒めもの」の海鮮にはエビ、イカ、そして高級食材のアワビ!も入っていて、素材にこだわっている感じですね。優しい味付けの中に、海鮮の旨みが溶け込んでいて嫌いな人は絶対いないだろうという美味な一品。

そして「車エビのチリソース煮込み」は辛さを控えめにしたチリソースに、大ぶりの車エビがふんだんに入っています。プリプリの食感と食べごたえでかなり満足度の高い一品です。

なおランチで一緒についてきた「フカヒレスープ」もかなり絶品!でした。単品で頼むとかなり高いらしいので、ランチメニューでいただけるのはかなりお得なのかも。

ランチコースのエビチリと海鮮八宝菜。@登龍 麻布店

注文した麺類の1品目は「四川冷し中華そば2400円」。酢醤油系の味付ですが、酸味は控えめ。細めんの中華そばと素材のよさを生かした具材が シンプルでながら味のバランスが絶品!ちなみに具材はきゅうり、ハム、錦糸卵、しいたけ、鶏肉、中華クラゲ、トマトです。これを食べたらほかの店の冷やし中華がとっても見劣りしてしまうほどの完成度ですね。

冷やし中華はスタンダードですが、素材がいいんです。@登龍 麻布店

2品目は「坦々麺1800円」。こちらでは四川皇麺というらしい。濃厚な白ゴマスープにラー油の辛味がピリッと利いていますが、辛いものが苦手な私でも食べていくとなんだかくせになる味で、辛さがだんだん気にならなくなります。辛さよりゴマの旨みが勝っているからなのでしょうね。麺を食べ終わった後は残ったスープにご飯をいれて2度楽しませていただきました。

なお坦々麺のお値段は平日のランチタイムですと、なんと1050円でいただけるらしいので、気になる方は平日にチャレンジしてみるのもいいかも。

外からは全く店内がわかりません。@登龍 麻布店

高級店を謳っているだけあってそこそこのお値段はしますが、どれも味にハズレなし。そして店員さんもサービスがとてもスマートできちんとされていました。ただし、店内は少し古い作りで空間としてはあまり高級感は感じられなかったです。客層はどちらかというと年配の方が多く、お店に入った瞬間その独特の雰囲気に一瞬たじろいでしまいました。個人的には店内の雰囲気はちょっとという感じでした。

なおこちらの麻布店であれば、港区、渋谷区だったら出前もしてくれるとのこと。ってことは渋谷区に住んでいるので、うちからも出前がとれるんだというのに気づきましたw。何か特別な時や贅沢をしたいときに出前をとってみるのもいいかもしれません。

関連ランキング:四川料理 | 麻布十番駅六本木駅赤羽橋駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

Pocket

コメントを残す