カジュアルフレンチの中で一番好きなお店。週末ランチで親しい人と素敵な時間を過ごしてみては?@東京日仏学院ラ・ブラスリー(飯田橋/神楽坂)

飯田橋・神楽坂界隈はフレンチレストランが多く存在しますが、そんな中でも一押しなのがこちらの「ラ・ブラスリー」。なんと日仏学院の中にあるという、知る人ぞしるお店ではないでしょうか。私も以前飯田橋に勤めていたときに、何度か来てすごく気に入っていたお店の1つ。友人たちとのランチ会をするということで、久々にランチで訪問してみました。 

店内はあっという間に満席になりました。@東京日仏学院ラ・ブラスリー

ちなみに土日のランチですが、人気が高いということで11:45〜13:20と13:30〜15:00の2部制になっているとのこと。今回は一部の11:45〜13:20で予約をいれておきました。どうも席が空いていたら当日でも入れるとのことですが、確実に行くことが分かっていれば予約をいれておいたほうがよいでしょう。ちなみにこの日は天気が悪かったのですが、12時ごろになったら店内はあっという間に満席になりました。

本日のランチメニュー@東京日仏学院ラ・ブラスリー

ランチメニューはA〜Dがあるようですが、この日は前菜からデザート、飲み物がついているMenu B:2200円(前菜1品+主菜1品+デザート1品+コーヒーまたは紅茶)にしました。前菜は黒板に書いてあるもの2種類+メニュー表4種類から選べましたのですごく悩みました。メインとデザートは本日のおすすめよりチョイスしましたよ。

注文してからしばらくすると、前菜のメニューがでてきました。思ったより手際よくお料理が出てくるようです。悩んだ結果、皆さんがチョイスしたのがこちら。

前菜:ハムとパセリのテリーヌ@東京日仏学院ラ・ブラスリー

前菜のハムとパセリのテリーヌ 。おしゃれなテリーヌで付け合わせのお野菜もたっぷりです。

前菜:リヨン風サラダ@東京日仏学院ラ・ブラスリー

 前菜のリヨン風サラダ。クルトンやベーコン、卵が入っていてボリュームたっぷりのサラダです。

前菜:自家製田舎風テリーヌ@東京日仏学院ラ・ブラスリー

私がいただいたのがこちら。前菜の自家製田舎風テリーヌ。フレンチの前菜といったらこれが定番でしょう。これだけでお腹いっぱいのボリュームです。最初はワインを頼んでいなかったのですが、テリーヌが出たらやはりワインw。結局追加でデキャンタで赤と白ワインを頼んでしまいました。

前菜が食べ終わってちょうどよいタイミングにメインが運ばれてきました。こちらはみんな一緒で、「本日のお魚料理の白身魚のムースパイ包み焼き」です。ムース状の白身魚は口当たりも優しく、パイとお野菜と一緒にいただくのでメインのお料理でも比較的軽めなですね。

メインのお魚料理:白身魚のムースパイ包み焼き@東京日仏学院ラ・ブラスリー

食後のデザートは本日おすすめメニューをそれぞれ頼んでいたのがでてきました。まずはリンゴのミルフィーユ。バニラアイスとキャラメルソースをつけていただきます。見た目もおしゃれですね。

デザート:リンゴのミルフィーユ@東京日仏学院ラ・ブラスリー

私がいただいたのは、この時期限定「ガレット・デ・ロワ」。「王様のケーキ」という意味で、フランス人がお正月にいただくお菓子。この中にはフェーヴという小さな陶器おもちゃが入っていて、当たった人は今年一年間いいことがあるらしいw。その「フェーヴ」を一緒にきていた友人が当てておりました!!最初から「フェーヴ、フェーヴ」といっていたので、多分フェーヴから来てくれたんでしょうね!

デザート:ガレット・デ・ロワ@東京日仏学院ラ・ブラスリー

久々にきましたが、やはりこちらのお店は好きだなあ。お料理が美味しいのはもちろんのこと、店員さんのさりげない気遣いや、お庭の見える空間はゆったりお食事とおしゃべりをするには心地よすぎます。値段もカジュアルフレンチということで、高すぎず使い勝手もよいと思います。

あいにくの雨でしたが素敵なランチタイムでした。@東京日仏学院ラ・ブラスリー

この日は大寒であいにくの雨でしたが、季節がちょっと暖かくなったらテラスのランチもよさそうですね。確かお庭にしだれ桜があったと思うので、今度は桜が咲くころに来てみたいと思います。

関連ランキング:フレンチ | 牛込神楽坂駅飯田橋駅神楽坂駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください