【鎌倉】レストランボナペティ@郷愁を誘う、古きよき洋食フレンチ。丁寧な仕事がすべてを語る。

2022年10月訪問。
口コミ情報が少なかったのですが、比較的近所で気になっていたのでランチで訪問。
最寄り駅でいうと湘南モノレールの富士見町と湘南町屋のちょうど真ん中くらい。
近くには湘南鎌倉医療大学があります。

念のため予約をして訪問。
外観は黄色、中は白とブルーが基調でとてもクリーンな印象です。

ランチはステーキやハンバーグ、ビーフシチューのセットなどお肉中心のもの
日替わりでAセットはお魚、Bセットはお肉という感じ。
今回はBセットをいただきました。

Bランチ(日替わりランチ)2200円
サラダ、スープ、デザート。
パンまたはライスでお代わり自由。
食後はコーヒーまたは紅茶。

メインは豚ロースの煮込み ゴルゴンゾーラソース
デザートは抹茶シフォンケーキ、シャインマスカットゼリー、巨峰のシャーベットから選べたので、シャインマスカットのゼリーにしました。

サラダは細く刻んだ大根の食感がとてもよく、自家製のドレッシングもいい。

ポタージュスープは丁寧な作りのスープで、子供のころ大好きだった洋食屋さんのスープの味を思いだしました。

メインはほろほろのお肉にゴルゴンゾーラのきいたホワイトソースがまたどこか懐かしい味。

そしてデザートは大好きなシャインマスカット。これもまた大満足!

全体的にお料理のつくりが丁寧で安心感がありました。
お味も昔ながらの洋食フレンチというスタイルで、初めて来たお店なのに郷愁を感じますね。

こういうお店、好きです。
ずっとこのまま変わらず続いてくれるとよいなあと思いました。

住宅エリアにある隠れた良店。
テイクアウトもあるようなので、こちらもタイミングをみて利用してみたいです。
ちょっと懐かしい、上質な洋食フレンチを食べたいときにオススメです。

関連ランキング:洋食 | 湘南町屋駅富士見町駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください