【葉山】ル・カナリ(Le Canari)@閑静な住宅街にある可愛いフレンチビストロは気取らず美味しくボリューミー。

フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。
2020年12月訪問。

googleマップで見つけたお店。逗子のシェアハウスのメンバーとランチで訪問しました。
場所は葉山御用邸の近くの閑静な住宅街にあり、とてもかわいらしい看板が目印です。

ルカナリ

階段を上り、

ルカナリ

赤い入り口から入ります。

ルカナリお店の外観もそうですが、フランスの片田舎をイメージしたようなおしゃれで居心地がよさそう。
奥にはワインのボトルもあって、フレンチビストロらしい。インテリアや小物もかわいらしく、すごく好みの雰囲気です。

ルカナリ

ランチコースは特にないとのことで、アラカルトで注文しました。

「生マッシュルームのサラダ 1200円」
お皿いっぱいのサラダにはマッシュルームはもちろんのこと、生ハムやチーズのスライスがたっぷり。
お野菜はレタスや苦みのあるトレビスなど、ドレッシングは玉ねぎ系でほんのりとした甘みがいい感じ。

ルカナリ

「葉山タコのカルパッチョ 1420円」
地のものタコを使ったカルパッチョには玉ねぎやラディッシュ、トマトなどの野菜もたっぷり。
大振りのタコは弾力性もあり食べ応え十分。

ルカナリ

「牛すじとマッシュポテトの重ね焼き 1390円」
牛すじのうまみがマッシュポテトにたっぷりしみ込んで、とても深い味わいに。

ルカナリ

「スミイカカリカリリゾット イカグリエのせ 2400円」
カリカリと書いていただけあって、焼きおにぎりのように焼いたものの上に、イカがこれでもかという感じでのっています。
ビジュアルのインパクトが強いのですが、素材のイカの味がぐんと全面にでており美味しい。

ルカナリ

「カスレ 2890円」
南仏エリアの郷土料理が食べられるとは、かなり本格的。
鶏コンフィ、豚バラ、ソーセージなどゴロゴロしたお肉と豆がたっぷり入っており、熱々でしっかりお腹にたまります。

ルカナリ

どのお皿もボリューミーでありつつも、素材のよさ、料理のよさが感じられて大満足!
この日は5人でシェアできたのでいろいろいただけましたが、2人くらいだとちょっと多いかもしれませんね。

ルカナリ

ご近所だとテイクアウトやケータリングもあるようなので、気になる方はインスタをチェック!
コロナが落ち着いたらまたみんなでお伺いしたい、素敵なお店でした。

■お店情報(インスタ)
https://www.instagram.com/le_canari/

関連ランキング:フレンチ | 逗子・葉山駅逗子駅

ル・カナリフレンチ / 逗子・葉山駅逗子駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください