【京都】炭焼ろばた 薄伽梵 ハヂメ@地元の人が集まる美味しい居酒屋。日本酒のセンスも良い!

フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

現在はコロナの影響で食べ歩きは控えておりますので、過去の訪問記録を少しずづアップいたします。(お店の訪問は2020年3月)

2020年3月、思い立って京都へ。
昼は部屋で仕事をしてから、夜ご飯を京都に移住した友人に行きつけのお店に連れて行ってもらいました。

京都河原町駅からすぐですが、繁華街の裏路地にあるので観光客の方はこないそう。
地元の方があつまる使い勝手のいい居酒屋さんのようです。

薄伽梵 ハヂメ

カウンターには魚介類やお野菜が。こちらは素材を生かした炭火焼や藁焼きが得意とのこと。
友人が常連さんとのことで、お料理はお任せでちょこちょこと出してもらうことに。

薄伽梵 ハヂメ

まずはサワーで乾杯。
最初はポテサラとトマトの馬のたてがみのマリネのような、前菜が出てきました。
馬のたてがみは少しスモーキーな香りがして、いい感じ。

薄伽梵 ハヂメ

こちらのお店の店長さんは日本酒にお詳しい方で、特に関西エリアの珍しいお酒を置いているそう。
この日はまだ肌寒かったのでぬる燗でオススメをというお願いに対して、「太陽酒造の太陽」という秘蔵酒を出してくれました。

熟成期間5年以上の長期熟成純米吟醸無濾過原酒とのことで癖はありますが、しっかりと骨格があって好み。

薄伽梵 ハヂメ

お刺身の盛り合わせ。ヤリイカや燻したぶり、白子、ホタルイカなどなど旬の魚介類がちょっとづついいろいただけました。燻系はやはり香りが良く魚介の旨味を引き立ててくれるので、お酒にもよく合います。

薄伽梵 ハヂメ

こちらは試作品とおっしゃっていた「牛タンとトマトの魚醤煮込み」。
ホロホロ柔らかい牛タンにトマトの酸味と濃厚チーズ、そこに魚醤の臭みとお酒の最高のアテ。
いただいた日本酒にもすごくマッチしていました。

薄伽梵 ハヂメ

地元の人が気軽に集まるお店とあって、普段使いでどれも美味しい。
京都で気軽に美味しいものを楽しみたい時にオススメです。

関連ランキング:ろばた焼き | 京都河原町駅祇園四条駅三条駅

薄伽梵 ハヂメろばた焼き / 京都河原町駅祇園四条駅三条駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください