【熊野古道】茶房 珍重庵 本宮店@熊野本宮詣の帰りにちょうどいいお蕎麦。お土産にもうで餅もオススメ。

フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

2月半ばに熊野古道に行ってきました。
宿泊先は熊野本宮大社近くのシェアハウスだったので、とても便利。
世界遺産の熊野古道は全部歩くとかなりの距離だったので、短めの距離で熊野本宮へゴールするルートで参拝してきました。

熊野古道熊野古道

とは行っても1時間ほど歩いたので、小腹が空いたので境内を降りたところにあったお蕎麦やさんに入ってみました。

熊野古道

入り口には「もうで餅」というお土産が売っていて、お店でもいただけるようです。

熊野古道

店内は広々していて、12時ちょっと前だったのでまだ人はまばら。

熊野古道

お蕎麦はいくつかありましたが、その中から「もうでそば 700円」を単品で。
千切りにした大根と梅干しが入っており、香りづけにゆずが。シャキシャキとした大根の食感と蕎麦がすごく合います。そして梅干しも合うんですね。新しい発見です!

熊野古道

「うぐいす餅 150円(店内飲食値段、持ち帰りは130円)」
お土産で販売していたうぐいす餅も、食後に店内でいただきました。豆の優しい甘さが疲れた体にしっくりと入っていきます。

熊野古道

熊野本宮大社の外にもお店はありましたが、境内から近いのでサクッと立ち寄れるのがすごく便利。お土産に「もうで餅」も購入できるので、熊野本宮詣の帰りにオススメですよ。

関連ランキング:甘味処 | 田辺市その他

茶房 珍重庵 本宮店甘味処 / 田辺市その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.7

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください