【代々木上原】Pigeon(ピジョン)@茶色は正義!カジュアルながらも料理やワインはしっかりと本格派。

フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

以前から気になっていた、代々木上原のフレンチでランチ。
どうも巷では「インスタ萎えの絶品フレンチ」と言われているようで、実力派シェフのクラシカルなフレンチを楽しめそうです。

Pigeon

ランチはシェフお一人でやられているようで、サービスからお料理から全てこなしております。とても人懐っこい方で、とてもフレンドリー。

ランチはお任せコース3800円のみ。こちらにペアリングワイン3杯3000円をつけてもらいました。
(シェフの顔が切れてしまいすいません。)

Pigeon

1杯目はアルザスのクレマンで。
「ボット・ゲイル クレマン・ダルザス エクストラ・ブリュット キュヴェ・ポール・エドゥアール」
葡萄はピノ・ブラン、シャルドネ、ピノ・ノワール。
シャンパンのようなきめ細やかな泡と複雑性、やわらかい果実味とさわやかな酸がとても飲みごごちが良い。自然派のナチュラル感とクオリティの高さを感じることができます。

Pigeon

「仏産鴨と洋梨」
食材をシンプルに組み合わせたものですが、鴨の旨味と洋梨の酸味と甘みがしっかりマッチします。

Pigeon

自家製パンとオリーブオイル。
全粒粉の素朴な味わいがじんわりうまい。

Pigeon

「白子の焦がしバターソテー」
白子は実はそんなに得意ではないのですが、ふんわりとした火入れの仕上がりにバターの香ばしさ、酸味なども入って味がきっちり決まってます。

Pigeon

この味付けはワインなしにはいられません。

Pigeon

そんなこんなで2杯目はローヌのミュスカデ
「Muscadet Sèvre-et-Maine Clos des Grands Primos」。
柑橘類やハーブのフレッシュなアロマと白い花のフローラルなアロマ、ミネラルもよく奥行きも感じます。
ミュスカデ、もっと軽いイメージでしたがじんわり旨味があっていいですね。白子とも合うんです。

Pigeon

「ヒラマサのムニエル」
旨味が詰まったヒラマサに、またこちらもしっかりと塩味が決まったソース。
色々説明いただいたのですが、失念。美味しいのでよしとしましょう。

Pigeon

3杯目の赤はローヌのヌッフデュパブ、
「ドメーヌ・ジュリエット・アブリル シャトーヌフ・デュ・パプ」
葡萄はグルナッシュ、シラー、ムールヴェードル。プルーンやブラックベリーの香り、果実味があってジューシー、そしてエレガント。偉大なヌッフデュパブ昼からいただけるなんて幸せ。

Pigeon

メインは「エゾシカのパン粉焼き」
こちらのメニューはシェフがフランスにいたお店のまかないだったとのこと。
こちらもソースが決まっていますし、エゾシカの旨味をパン粉できちんと閉じ込めている感じ。

Pigeon

デザートは重いものか軽いものどちらが良い?と聞かれ軽いほうをチョイス。
「チーズスフレとチョコテリーヌ」
ふわふわすぎないチーズスフレに、滑らかなチョコテリーヌ。コーヒが欲しくなります。

Pigeon

シェフお一人ながらもお料理とサービスを丁寧に対応してくださり、とても楽しかったです。

ちなみにシェフはフランスで修行をし、銀座や恵比寿の有名レストランで料理長をされていたそうで、茶色ながらもお料理の味はきちっと決まっており、またそれに合わせる王道ワインたちも素敵でした。インスタに映えなくても、美味しいことが一番。茶色は正義!

お手頃に本格フレンチを楽しみたいときにオススメです。

関連ランキング:フレンチ | 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅

Pigeonフレンチ / 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください