【葉山】福ふく@葉山の凛としたお寿司屋さん。安定感のある仕事と居心地の良い雰囲気。

フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

夏休みは逗子のお家でゆったりと過ごしていました。ランチも葉山にある気になるお寿司やさんへ。
お盆もやっていて、出前もしているそう。地元ではすごく使い勝手の良いお寿司屋さんなんだと思います。

福ふく

カウンターは凛としていて、奥には包丁が飾ってありました。
赤い壁がとても情熱的です。

福ふく

一杯目はビールで乾杯!
「ビール中瓶 エビス 700円」

福ふく

ランチメニューは握りやちらし、コースなどあり、アラカルトもあります。
握りが好きなので、握りのコースから一番いいコースを注文。

「特選にぎり 4500円」店主選りすぐりの12貫と玉子、トロ巻き

まずはつぶ貝のお通しからスタートです。

福ふく

「スズキ」
ふんわりとした甘みと食感。

福ふく

「カンパチ」
程よく脂の乗った握りは爽やかな旨味がいい感じ。

福ふく

「ホタテ」
表面を炙って塩で。香ばしさとホタテのねっとり感がいいバランス。

福ふく

「花鯛」
酢でしめたネタは酸味と旨味のバランスが最高。

福ふく

「石垣貝」
赤貝からの変更。パン!と叩いて身を引き締まったところをいただきます。コリコリとした食感と貝のまっすぐな旨味が楽しい。

福ふく

「子持ち昆布」
つぶつぶ食感を楽しむ一品。おつまみじゃなく握りもいいですね。

福ふく

「ボタンエビ」
大振りのボタンエビは味も濃厚。ねっとりした旨味が口の中に広がります。

福ふく

「マグロ2種」
色の濃い方が熟成とのこと。通常の握りはフレッシュなマグロの旨味を堪能、熟成はスモーキーでナッツのような深い旨味を堪能。食べ比べできるのは嬉しい。

福ふく

「ウニ」「いくら」「玉子」
ウニいくらは軍艦で、玉子は定番の形で。

福ふく

「山法師(山形) 900円」
調子が出てきたので、日本酒も追加で。純米生原酒だったと思います。
華やかな香りと酸味、そしてちょっと甘めな余韻ときれい目な味わい。

福ふく

「アナゴ」
ふんわりと口の中でとろけるアナゴ。香ばしさと甘いタレ、そしてシャリとのバランスが抜群。

福ふく

ボタンエビの頭をカリカリに焼いたもの。
日本酒のアテとしてもバッチリで、パリパリと香ばしくおせんべいのようにいただきました。

福ふく

「トロ巻き」
締めはトロ巻きで。巻物もしっかりと美味しい。

福ふく

最後は「あら汁」のすまし汁。
魚介の出汁が感じられるすま汁は、さっぱりと最後を締めくくってくれました。

福ふく

とにかく安定感のある美味しい握りで、大満足。 大将はお客との距離感がよく、穏やかな雰囲気でとても居心地がよく落ち着いて食事が楽しめます。

お店は車か逗子駅からバスという不便さはありますが、またお伺いしたい良い店。
逗子や葉山でお寿司を食べたい時にオススメです。

関連ランキング:寿司 | 新逗子駅逗子駅東逗子駅

葉山 福ふく寿司 / 新逗子駅逗子駅東逗子駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください