【麻布十番】ビストロ コティディアン@パリのビストロのような飾らない美味しさ。ボリュームもしっかり。

フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

この日はワイン関係者の皆様と会食。ワインとお料理を気軽に楽しみたいなあと思い、フランスを感じるビストロに予約をしてお伺いしました。

ビストロ コティディアンこちらのシェフは、パリの超名門三ツ星レストラン 「ルカ・キャルトン」や「ミッシェル・ロスタン」などで修行された方とのことで、現地風にお料理をいただけそう。

夜はコース2種類かアラカルトだったので、6000円のコースをいただきました。
「ビストロコース 6000円 」前菜2皿、主菜、デザート、飲み物
そこにテーブルチャージ600円がかかります。

ビストロ コティディアン

飲み物はもちろんワインをボトルでアルザスのクレマンをいただきました。

「ドメーヌ・リーフレ クレマン・ダルザス NV」
ピノグリ100%。繊細な泡立ちで、爽やかな旨味と辛味のバランスが良く、上品な味わい。

ビストロ コティディアン

お通しにはオリーブ。ちょいちょいつまみながらお料理を待ちます。

ビストロ コティディアン

前菜1品目は「鰆のミキュイ」。
厚切りの鰆に軽く火が入っており、レアな仕上がり。皮目は香ばしく、シンプルながらもじんわり美味しい。付け合わせはシャキシャキと苦味のある野菜たちで大人仕様。

ビストロ コティディアン

バゲットはここから近所にあるポワンタージュ。久しぶりにポワンタージュのパンをいただきたかったので、嬉しい。

ビストロ コティディアン

前菜2品目は「岩中豚のリエットと鶏レバームース」。
むっちりと豚の旨味がつまったリエットと、濃厚でまったりとしたレバームース。ポワンタージュのバゲットと一緒にいくらでも食べられそう、そしてどんどんワインもすすみそうです。

ビストロ コティディアン

リエットとレバームース、この後のお肉に合わせて2本目はゆるゆる飲める赤がいいなあと話していたら、お店の方がアルザスのピノを進めてくれました。

「ドメーヌ・シュルンバジェ ピノ・ノワール レ・プランス・アベ」
ピノ・ノワール100%。最初少し甘い香りを感じますが、そのあと黒いベリーにビオ香、スパイスとピノらしさが出てきます。タンニンは薄く、酸がしっかりとしてとても飲み心地が良い上品ワイン。アルザスのピノ、いいじゃないですか。

ビストロ コティディアン

メインの「岩中豚肩ロースのロティ ジュのソース」
塊肉かと思うほど、男前でガツンとしたボリュームにマッシュポテトといたってシンプルな組み合わせ。お肉は柔らかくほろほろです。旨味たっぷりジュのソースがお肉の旨味をより引き立てて、飽きのこない味。

ビストロ コティディアン

デザートは4種類くらいから選べたのかな。3人でお伺いしたので、それぞれ別のものを頼んでシェアすることに。

「ラム酒風味のクレーム・キャラメル」
キャラメル風の甘さとラム酒の香りとコクが見事にマッチした、濃厚プリン。

ビストロ コティディアン

「クルミのタルト&キャラメルアイス」
サクサクのタルトにクルミの香ばしさ、こちらもしっかりと甘味とコク、触感が楽しめる一皿。

ビストロ コティディアン

「クレームダンジュ」
こちらは一番軽めかな。クリームチーズの酸味とコクにベリー系のソースがよく合います。

ビストロ コティディアン

食後はコーヒーも。

ビストロ コティディアン

コーヒーとともにいただいたのは、小菓子のキャラメルマカロン。最後まできちんと美味しいスイーツで大満足です。

ビストロ コティディアン

どのお皿も素朴ながらフランスを感じる丁寧なお料理で、ボリュームもしっかりと食べ応え十分。またデザートは本格的でどれも美味しく、フランスっぽいのがまたいい。全体的に好みのスタイルでした。

パリに行かなくても、味も雰囲気もパリを感じるビストロ。ワイン好きな方と一緒にわいわいボトルを開けながらカジュアルなお食事をするのにオススメです。

関連ランキング:ビストロ | 麻布十番駅赤羽橋駅

ビストロ コティディアンビストロ / 麻布十番駅赤羽橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください