【神泉】ソン デコネ@ここはパリ?肩の力を抜いて、美味しいカジュアルフレンチ。

フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

個人的に大好きな松濤エリア。鍋島松濤公園の近くにあるカジュアルでイマドキなフレンチへ行ってきました。住宅街の中にポツンとあるので、かなり落ち着いた雰囲気です。

まずはオススメのフランスのクラフトビールで。「Biere Vivante De Table・La Brasserie des Voirons/LUG」。
オレンジフレーバーの軽やかなビールで、細かい泡が上品ですっと身体に浸透する感じ。シャンパンの代わりでも問題ないくらい美味しい。

ソン デコネ

お料理ですが、ディナーコース7000円(税込)のお任せのみ。

最初は「浅利のポタージュ」。
濃厚な貝のお出汁に香ばしく炙った麦で味に変化をつけています。

ソン デコネ

「甘海老とイチジクのマリネ」
ねっとりとした甘エビ、いちじくになんと生の落花生とパクチー。アジアンテイストな余韻もありますが、素材の良さが素直に伝わってきます。

ソン デコネ

「ブーダンノワールのタルティーヌ」
実はこの日のコースで一番気に入った一品。優しい味わいのブータンノワールに酸味と甘みのある玉ねぎ、そしてサワークリームとこの組み合わせ、絶妙。そして酸味のきいたバゲットもバッチリ。ワインが飲みたくなる味なんですよね。

ソン デコネ

「鯛のポワレ」
味がぎゅっと詰まった鯛はシンプルなポワレに、そこにほうれん草のソース、いんげんやハムを組み合わせて味と食感でなんども楽しめる仕上がり。

ソン デコネ

メインのお肉に合わせて、赤ワインを。フランス人のソムリエさんは日本語が通じないので、カタコトの英語でなんとか好みを伝えてお願いしました。

「Mounto Daballo」
フランスのランドックの赤、葡萄はサンソーとアリカンテ・ブーシェ。ベリーの香りにジューシーさとスパイシーさをバランスよく感じられ、比較的軽めな感じなのでお肉だけでなくデザートなどにも合わせやすいかも。

ソン デコネ

「牛肉のグリルと里芋のコンフィ」
火入れが美しい赤身のお肉は柔らかく、とても上品。お肉も良いのですが、レモンのアクセントが効いた里芋が絶品!お料理の説明はないのですが、食材の組み合わせや味の組み合わせが本当に気が利いている。

ソン デコネ

お料理がメインまで一通り出たら、シェフもひと段落したようで、カウンターのお客さんと会話を楽しんでいます。なんかこの距離感も海外のお店みたいでいいですね。

ソン デコネ

とは言いつつ、デザートもしっかり3品出てきます。

「レモンのプリン」
酸味のあるレモンのプリンに、シソのソース、そしてきゅうりの組み合わせ。かなり個性的ですが、さっぱりとして食べやすい。

ソン デコネ

「みかんのシャーベット」
今度は黄色いデザート。爽やかな柑橘のシャーベットにチコリと面白い組み合わせ。

ソン デコネ

最後に出てきたのがチョコレートケーキ。緩めの誕生日ソングが流れているなあと思ったら、自分のところに。そういえば8月が誕生日ということで8月生まれの友人と一緒に祝ってもらいました。

ソン デコネ

9時以降はアラカルトもあるようで、アラカルトも楽しそう。 お客さん同士もなんだか自然と仲良くなれるそんな素敵なレストラン。 ランチもやっているようなので、今度はランチもお伺いしたいです。

関連ランキング:フレンチ | 神泉駅駒場東大前駅渋谷駅

ソン デコネフレンチ / 神泉駅駒場東大前駅渋谷駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください