【五反田】とり口@それがしグループの新店。みずみずしい絶品焼き鳥とのマリアージュが最高です。

フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

日本酒好きに大人気な五反田のそれがしグループのお店。鳥料理や肉料理などコンセプトを絞って、センスのいい日本酒とのマリアージュを楽しめるというスタイルが個人的にはかなり好みです。

今度は「焼き鳥」のお店をオープンしたとお聞きし、お伺いしました。

とり口

店内は広々としたカウンターがメインで、奥に個室があるようです。調理場には男性スタッフの皆さんがキリリとお仕事をされています。

とり口

最初はフランスロワールのスパークリング「Epaule Jete Vouvray Brut/Catherine et Pierre Breton」で乾杯。
ナチュールワインで、シュナンブラン100%。青りんごのアロマと心地よい。

とり口

お料理は「お任せコース 5800円 」のみとのこと。どんなお料理がいただけるか楽しみです。

まず出てきたのが、4種の小鉢と串1本。テーブルにセッティングがなかなか個性的で、串入れが横に寝かせるのタイプでとてもスタイリッシュ。

とり口

「とり粥 」
鶏のお出汁にお米の甘さがすっと体に染み込む味。

「そら豆とパルミジャーノ 」
お豆の味をシンプルに引き立てるパルミジャーノ。

とり口

「キンカンとリコッタチーズの白和え 」
フルーツとチーズの組み合わせはワインに合いますね。

「山椒をきかせたアスパラのおひたし」
お出汁の妙がアスパラの青々しい美味しさを引き出します。

とり口

串は「もも」からスタート。
一口食べてびっくりするほどみずみずしい。焼き鳥ってこんなにジューシーでみずみすしい仕上がりになるんですね。

とり口

焼き場にいらっしゃるのは「鳥よし」出身の西口さん。目の前で焼いている姿を拝見できる特等席でした。

とり口

「つくね」
タレですがかなりあっさりしており、お肉はふっくら柔らか。軟骨は入っておらず口当たりも滑らか。

とり口

こちらのお店は日本酒だけでなく、ワインにも力を入れているとのことで、今回はワインを色々合わせることに。白ワインのチョイスは5種類ありました。

とり口

チョイスしたのは、イタリア・フリウリのオレンジワイン「Vino Bianco / Dario Princic」。
シャルドネ45%、ソーヴィニヨン35%、ピノ・グリージョ20%。縮された旨みと果実のエキスで心地よくスルスル飲めちゃいます。鶏との相性もぴったり。

とり口

「シャツを着た卵とカラスミ」
卵とカラスミの塩梅がちょうどよく、トーストにつけていただくスタイル。

とり口

「ハツ」
柔らかい中にも弾力があり、ジューシーなハツ。さっぱりといただけます。

とり口

「ささみ」
旨味をぎゅっと中に閉じ込めており、安心感があるうまさ。

とり口

「朱々 トマト」
とっても甘いトマト。口直しとしてスッキリとさせてくれます。

とり口

「砂肝」
本来であれば砂肝は苦手意識があったのですが、こちらの砂肝は大丈夫でした!素材と焼き方でこんなに違うものなんですね。

とり口

ワインは赤に。3種類から選びます。

とり口

スペインの赤「Quatro Meses SAKURA / Bodegas Juan Gil」をチョイス。
葡萄はモナストレルという品種。日本限定のラベルらしく、ジューシーで甘めの果実味に、優しく滑らかな味わいで飲みやすい。

とり口

「やげんなんこつ」
コリコリ食感もそんなに得意ではないのですが、旨味のあるお肉の部分と軟骨の組み合わせで美味しくいただくことができました。

とり口

「大山鶏のフリット」
さっくりした衣にしっかり食感の大山鶏。焼き鳥とはまた違った印象の鶏料理。

とり口

「ぼんじり」
鶏の脂身が楽しめる部位ですね。臭みはなく濃厚な脂の旨味を感じることができます。

とり口

「はつもと」
心臓の根元の希少部位。さっくりと柔らかい歯切れではつとはまた違った味わい。

とり口

「Epaule Jete Rouge/Catherine et Pierre Breton」。
スパークリングと同じワイナリーでカベルネ フラン100%。青臭さはなく軽やかな口当たりと旨みがあり、ごくごく飲めるナチュールな赤。

とり口

「せせり」と「手羽」
歯ごたえと肉汁の旨味が魅力的なせせり、ジューシーで肉肉しい手羽、最後まで鶏の各部位のうまさを楽しめる焼き鳥でした。

とり口

「にゅうめん」
食事の締めはやさしいスープに入ったにゅうめん。

とり口

「マンゴーかき氷」
そしてスイーツはマンゴーの果肉が入ったかき氷。

とり口

最後の最後に食後酒として「陸奥八仙 そーてるぬ96」をいただきました。

ワインのソーテルヌをイメージして飲んだのですが、やっぱり日本酒。ですが、蜂蜜のニュアンスに香りは柑橘系、そして甘さはありつつも酸があるので飲みやすい。日本酒も色々工夫されていて面白いですね。

とり口

コースのお値段はお手頃でかなり満足度が高く、なんといっても焼き鳥がみずみずしく絶品なのが気に入りました。またそれがしグループの強みでもある日本酒やワインの品揃えがバッチリで焼き鳥とのマリアージュにも大満足でした。

とり口

カウンターも広々していて、カジュアルデートにも使いやすいのではないでしょうか。お酒を飲みながら美味しい焼き鳥を楽しみたい時にめちゃくちゃオススメ。予約が取りづらくなる前に是非!

関連ランキング:焼き鳥 | 大崎広小路駅五反田駅不動前駅

とり口焼き鳥 / 大崎広小路駅五反田駅不動前駅

夜総合点★★★★ 4.0

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください