【島根松江】やまいち@おでんとしじみ汁は必食!気取らずに松江の郷土料理がいただける。

フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

島根弾丸ツアーの1日目、松江の友人に連れてきてもらった地元で人気の郷土料理のお店。 すでに外は暗くなって辺りの様子はよくわからなかったのですが、川のたもとのすぐ近くで歴史を感じる外観です。

やまいち

店内は長いカウンターに横にはお座敷と昔ながらのつくり。大将は友人の幼なじみの男性で、サービスはベテランなお母さんたちがゆったりとやってくてています。

やまいち

まずは生ビールで乾杯!すぐにお刺身が出てくるので、お醤油も一緒に。

やまいち

お料理は友人のオススメを聞きつつ、基本お任せで。最初にお刺身を盛り合わせてくれました。アジ、ヒラメ、カンパチ、タコかな。日本海が近いのでお刺身も新鮮で美味しい。

やまいち

「赤貝食べる?」と聞かれて、いただいたのが「赤貝の炊き出し」。赤貝と言っていますがお寿司屋さんの赤貝ではなく、正式名称はさるほう貝で缶詰の赤貝の原料と一緒とのこと。こちらでは定番の一品とのことで、程よいサイズと貝の旨味でお酒のアテにピッタリ。これはすごくいい!

やまいち

「もさえび」
クロザコエビのことを島根では「もさえび」と言われており、鮮度劣化が激しいため、地元でしか味わえない幻のえび。味は旨味も甘みもしっかりしていて、甘エビより濃厚。卵付きで絶品です。

やまいち

「白魚と春菊の天ぷら」
白魚はもう大きくなったので、生じゃなくて天ぷらがいいよ、とのことであげてもらいました。ホクホクの白身の旨味が美味しい。春菊の苦味もシンプルにいい感じ。

やまいち

「ゼンマイの酢漬け」
箸休めにどうぞと出してくれました。さっぱりとした酸味のほんのりとした甘みがゼンマイを引き立てます。

やまいち

ここにきたらおでんはマスト!と言われて、奥にあるおでんの鍋をのぞいて見ることに。関東とはちょっと違う具材が結構入っていました。

やまいち

友人オススメの、お豆腐、牛すじ、卵。鶏の出汁がベースとなっていて、関東のものとは違い魚臭さは全くありません。和風ポトフのような煮込み料理みたい。そして具材のお豆腐ですが、ぎゅっと密度の濃いお豆腐で煮込んでも型崩れせず、逆に旨味を吸っているのでいくらでも美味しくいただけます。

やまいち

そして締めは何と言っても「しじみ汁」。
友人曰く、こちらのお店では松江でもかなり良質で大ぶりなものがいただけるそう。そのしじみを惜しみなくたっぷり入った「しじみ汁」はお出汁の濃さはもちろんのこと、しじみ自体もふっくらとしていて食べ応えがあります。こちらにきたら「必食」していただきたい一品です。

やまいち

お客さんは観光客の方もちらほらいましたが、圧倒的に地元の方に愛されているお店ですね。お母さんたちの雰囲気もほっこりして、リラックスして食事を楽しめます。気取らずに地元の食材をふんだんに使った郷土料理をいただきたい時にオススメです。

関連ランキング:郷土料理(その他) | 松江駅

やまいち郷土料理(その他) / 松江駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

Pocket

コメントを残す