【赤坂】ロウリーズ・ザ・プライムリブ 赤坂@オトナ空間で王道のプライムリブをいただく!

フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

2017/9/29にリニューアルオープンした赤坂のロウリーズ。リニューアル前の赤坂のお店に来たことはあるので、またリニューアル後もお伺いできて感慨深いです。店内はゴージャスでバブリーな雰囲気でさすがといった印象です。

ロウリーズ赤坂

この日は友人たちと一緒に「ディナーコース 6000円」をチョイス。前菜からプライムリブまでお任せのコースです。

最初にでてきたのが、前菜の「シュリンプカクテル&スモークサーモン」。ピカピカなサーモンにぷりんとしたエビ。シンプルに素材の良さを味わえます。

ロウリーズ赤坂

飲みものはワインで。グラスでお願いすると1杯2000円からなので、ボトルで頂くことに。後半のお肉まで合わせるため、カルフォルニアのピノ「Robert Mondavi Private Selection Pinot Noir 2015」をチョイスしました。

柔らかなオーク樽のバニラな香に複雑でやすらいだ飲み心地。フランスのピノとはまた違った、アメリカらしい意思を感じる味わいで最後のお肉まで合いそう。

ロウリーズ赤坂

スープは「クラムチャウダー」。
魚介の旨味がしっかりと感じる、スープ。身体も温まります。

ロウリーズプライムリブ

サラダは「オリジナル・スピニング・ボウル・サラダ」。
このサラダ、プレゼンテーションが面白い。キンキンに冷やした大きな器に野菜を入れ、ドレッシングを入れながらくるくる目の前で混ぜてくれます。友人は「サラダ踊り」と命名していました。

取り分けられたサラダはシャキシャキとしつつ、ドレッシングもまんべんなくなじんでいていい。

ロウリーズ赤坂

そしてメインのお肉ですが、シルバーと呼ばれるワゴンがやってきました。目の前でお肉をカットしてくれるので、やはりテンションが上がりますね。焼き加減はレア、ミディアム、ウエルダンから選べます。

ロウリーズ赤坂

メインの「プライムリブ トーキョーカット」はレアでいただきました。柔らかく肉厚なローストビーフに、オリジナルソースのオウジュソースが肉の旨さをより引き立てます。付け合わせもたっぷりで、まさに至極の一皿。

ロウリーズ赤坂

食後はデザートとコーヒーで。
「イングリッシュトライフル」はシェリー酒がしみ込んだスポンジに、生クリームと好みな組み合わせでした。

ロウリーズ赤坂

ちなみに入り口にはバーラウンジもあり、かなりオシャレ。食事後にバーに移動してゆったり余韻を楽しむのもいい感じ。何より同じ店内で行けちゃうのが便利で使い勝手がよさそうですね。

ロウリーズ赤坂

ゴージャスな雰囲気に接待やデートにオススメですが、自分にご褒美的なディナーにもよさそう。プレゼンテーションも楽しく、オトナ時間を過ごしたいときにオススメです。

ロウリーズ赤坂

関連ランキング:牛料理 | 溜池山王駅国会議事堂前駅六本木一丁目駅

ロウリーズ・ザ・プライムリブ 赤坂店牛料理 / 溜池山王駅国会議事堂前駅六本木一丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください