私のテストも終わり、存分に黒犬の相手をさせていただいている今日この頃。そんな夏の夜のとある日の写真です。

お気に入りのスヌーピーのぬいぐるみを持ってきて遊ぶ黒犬。大きさと柔らかさがちょうどいいらしく、首筋をくわえて、ぶるぶる振り回してからベッドの上にもってきます。そして獲物を私に見せびらかし、横になってもてあそぶというのがいつものパターン。ぬいぐるみ一つでこんなに動くか?というくらい暴れます。そんな姿を見ていると、「散歩しなくてもいいんじゃないか?」という錯覚に陥るのは私だけでしょうか。。

そんな感じでエネルギーを消費してくれたあとは、爆睡モードに。

こうやって寝ているときは天使なんですよね。(黒犬自身がぬいぐるみみたい)で、しばらく立ってからまたのぞいてみると。。

薄目あけて、口があいてるー。生首みたいだぞ。これでちょっと薄暗かったら、怪談話しになっちゃうよね。とりあえずこの状態でしばらく寝ていたわけで。どんだけ油断しているんだか。もう番犬としてはダメダメですね。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村