フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

幡ヶ谷界隈は意外にも中華が充実しています。餃子で有名な您好、五十嵐美幸シェフのお店美虎、まだ行けていませんが駅近にできた日本酒とのマリアージュを楽しめる而空など色々なタイプがあります。その中でもダントツ人気のこちらの龍口酒家。強面の石橋シェフの優しい薬膳中華が身体が喜ぶんですよね。

久しぶりに近所の友人に誘われて、ディナーで訪問。コースはお任せでストップするまで出てきます。料理名はうる覚えなので、素材中心にご紹介。

前菜はくらげ、みょうがの酢の物、鴨チャーシュー、鶏肉、パクチー、食用菊。

龍口酒家

「鱧とドラゴンフルーツの芽炒め物」
穂先メンマのようなシャキシャキな食感のドラゴンフルーツの芽と鱧は一度素揚げしていてふんわり、そして鷹の爪でちょっとだけピリ辛。

龍口酒家

「アスパラガスの炒め物」
金華ハムが入っていたかも。優しい塩ベースの味わいで、アスパラのシャキシャキが楽しめます。

龍口酒家

「上海蟹の蟹味噌炒め」
上海蟹そろそろ季節かな?と噂をしていたら出てきました。蟹味噌のコクと旨味がたまりません。

龍口酒家

「大海老の唐辛子炒め」
プリプリの海老が大好き!とおもって食べたら、思った以上に辛い!でも心地良い辛さに変わり、刺激的で美味しい。

龍口酒家

「金時草と干しエビの炒め物」
ツルムラサキのような感じなのですね。干しエビの旨味と野菜の味が楽しめます。

龍口酒家

「隠元の炒め物」
長いインゲンを食べやすいサイズに切りそろえて、ニンニクベースで炒めております。

龍口酒家

「イタリアのナスとひき肉の炒め物」
イタリア食材も使っているのですね。食感の残っているナスに挽肉の相性が抜群。

龍口酒家

この辺でお腹がいっぱいになったので、〆に里麺とチャーハン。里麺はこれで3人前。人数分頼んだらどれだけ出るんでしょうね。チャーシューと麺と塩味ベースの和え麺。味を変えるためにお酢をいれたら、より美味しくいただけました。ちなみに、チャーハンは1人前いただきました。

龍口酒家

この日のコースは全体的にお野菜多めで、優しい味わいが多かったです。大人数で頂くと、やっぱり楽しいですね。今度くるときもまた人数多めでお伺いしたいです。

関連ランキング:中華料理 | 幡ケ谷駅笹塚駅代々木上原駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村