知人のアメリカ土産にいただいた、Moonstruck Chocolate(ムーンストラック)http://www.moonstruckchocolate.com/index.aspx。日本では見たことがなかったのですが、どうもアメリカでは高級チョコレートで有名で2005年、2006年の第77、78回アカデミー賞で参加者に配られる公式チョコレートに選ばれるほど有名らしい。甘い物が好き、ということで気を使って頂いたみたい。。

ということでさっそくいただきます。パッケージは赤なんですね。

チョコのパッケージ

中をあけると大粒のトリフュが9粒。すべてが違う味のようで、どれから食べたらいいか迷います。アメリカンだなあと思ったのが、1粒の大きさ。日本だったら一口で行けるサイズだと思いますが、こちらは3口くらいに分けて食べるのがちょうどよい感じ。そして、ボリュームがあるので1口で満足!1日1粒ペースで食べるのが健全そうです。

味はといいますと、甘さ控えめで食べやすい!トリフュの中味の風味もちゃんと口に残るので、余韻も楽しめますね。日本やヨーロッパのチョコレートほどの繊細さはないのですが、おそらくアメリカの方にとってはこれくらいが心地いいのかなと感じました。チョコレートも国が変わればアレンジも変わるんですね。

いただき物のチョコでカフェタイム。アメリカのMoonstruck chocolateというメーカーのものらしい。1粒がかなり大粒w。味は思ったより上品で甘さ控え目ですね。

アメリカではチョコを販売するほかに、カフェもあるみたい。http://www.moonstruckchocolate.com/our_cafes.aspx

生クリームの画像にやられました。アメリカに行った際にはここのカフェに是非よってみたい!です。

でも、やっぱりチョコレートはうまい。今週はこちらのチョコレートを1粒ずつコーヒーのお供に堪能したいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村