フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

オープン当初から気になっていた代々木上原の「Matsushima(まつしま)」。黒猫夜にいた松島シェフがオープンされたとのことで、遠方からのお客さんも多く、気づいたら人気店へ。いつも満席のようで予約必須なお店です。

店内は10席ほどの小さなお店。この日は2人でお伺いしたので、カウンター席へ。最初にでてきたのがお通しの3点盛り。

まつしま

アルコールは何と言っても中国全土の紹興酒。12種類ほどあって、どれもグラスで頼めるのがいいですね。最初に頼んだのは「ジーモウラオジョウ900円」。山東省の紹興酒でキビ・粟を用いたもの。なかなかまろやか。

お料理はアラカルトで。まずは「前菜盛り合わせ 1人900円」。子持ち昆布の天ぷら、マサバの烏龍茶スモーク、鮟肝五香煮、赤カブの甘酢漬け、香港式自家製叉焼。こちらのお店の前菜をちょっとづつ頂けるのがいいですね。

まつしま

そしてどうしても食べたかったのが「クレープ餃子 1000円」。クレープのように具材がくるまっており、鉄板の上にのって出てきました。

まつしま

これをシェフが目の前でミックスしてくれます。鉄板焼のような面白い食べ方ですね。具材はトマトや薬味がたっぷり入っていて爽やかにいただけます。

まつしま

そして炒めものから「鴨せせりとスモーク筍湖南田舎炒め 1600円」。香ばしい筍にせせりの旨味のつまったしっかりとした食感。お酒に合わせるためにある料理ですね。(多分ご飯にも合います。)

まつしま

「台湾風ビーフン 1200円」は野菜たっぷり、スパイシーな味わいに細麺のビーフンがいい感じで絡んでます。調味料が違うのかな、なんかクセになる味ですね。

まつしま

お料理はアラカルトでいただき、紹興酒も何種類か頂きました。友人と飲み比べてお料理に一番あうなあと思ったのが、湖江省「バイター1200円」。喉越しすっきりであとからしっかりと余韻の香り。他にも色々飲んでみたいのもありましたが、それは次回かな。

代々木上原はなにげに中華が充実してきて嬉しい限り。今度はコースでお伺いしたいです。

マツシマ中華料理 / 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村