フードメディア・ディレクターの福田美佐子です。

今週は職場近くのランチは大当たり。通いたいお店をいくつか発見しました。その中の1つ、店名が怪しげなこちらのお店。以前通ったときはしまっていたので、ランチをやっているとは思いませんでした。この日は看板が出ていたのでふらりと入ってみることに。

食堂ヒゲ

店内はスッキリしていて、かなりオシャレでセンスがいい。店員のお兄さんもオシャレさんでこの辺りっぽいですね。ランチですが、3種類から選べます。

肉料理「カリオカ豆と自家製干し肉の煮込み」
魚料理「魚介とレンズ豆の煮込み」
ヴィーガン料理「根菜と茸のカレー」
どれもスープ、サラダ、パンかライスがついて1000円。

食堂ヒゲ

その中から、肉料理「カリオカ豆と自家製干し肉の煮込み」をいただくことに。最初に出てきたのはサラダ。酸味のあるドレッシングにフライドオニオンがアクセント。

食堂ヒゲ

「かぼちゃのスープ」は優しいお味でさらっとしています。

食堂ヒゲ

メインは「カリオカ豆と自家製干し肉の煮込み」。説明書きによると、ブラジルでは「フェジョン」と呼ばれており、ブラジルの方が毎日いただくものだそう。お豆の素朴さをお肉の旨味が包み込んで、寒い日にはピッタリ。優しい穏やかな味わいは体にもよさそうです。パンはモッチリタイプでした。

食堂ヒゲ

夜のメニューも気になったので、色々お聞きしていたら2月でオープン1周年とのこと。ビストロともカフェとも違う、穏やかなポルトガル料理。お店の雰囲気も好みなので、またお伺いしたいと思います。

食堂ヒゲ西洋各国料理(その他) / 池尻大橋駅神泉駅駒場東大前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村