フードメディアディレクターの福田美佐子です。

先日のテリーヌのイベントでお伺いした「tokiya」さん。テリーヌ以外のお料理もいただきたくなり、友人とディナーで再訪してきました。

お店は一軒家を改装した居心地のよい空間。そして店員さんのあたたかいおもてなしが、とてもホッとします。

店内@tokiya

夜は前菜とメインが選べるコースがあり、お値段は1800円〜となっています。レストランというよりカフェ価格といった感じでお手頃感があります。

前菜の前にはアミューズがでてきます。この日はイチジクに衣をつけて揚げたフライ。トロッと甘味の増したイチジクにブルーチーズのアクセントがオトナの味ですね。

イチジクのフライ@tokiya

飲み物はすべてフランスやイタリアのビオワイン。グラスで頂けるのは常時白赤ともに10種類ほど、お値段は700円〜1000円くらいで、とにかくワインセンスは抜群!この日最初にいただいたのが、アルザスのリースリング950円。エチケットがとってもオシャレで、冷えているより温度が上がったときのほうが、香りとまろやかさが増して美味しい。

リースリング@tokiya

コースの前菜は3種類あり、友人と違うお皿を注文してシェアすることに。まずは「サーモンのミ・キュイとりんごのガスパチョ、昆布だしとレモンのゼリー」。厚切りサーモンはきっちりと塩がきいており、リンゴとアボガドのガスパッチョと合わせていただくことで、コクと甘味とサーモンが絶妙な味のバランスをとります。こちらのお皿は先ほどのリースリングとの相性がばっちり!

サーモンのミ・キュイとりんごのガスパチョ、昆布だしとレモンのゼリー@tokiya

もう一皿の前菜は「鰹のスモーク、苺のガスパチョ。 ごぼうのフリット、マスカルポーネ」。華やかな赤に目を奪われますが、実は和風だしと苺の酸味がきりりと際立っております。鰹との相性を考えたソースのような気がします。とても好評だったようですが、苺のシーズンが終わるのでこのお皿はこの日が最後とのこと。

鰹のスモーク、苺のガスパチョ。 ごぼうのフリット、マスカルポーネ@tokiya

そしてメインは「牛ハラミのカツレツ。葱とアンチョヴィのクリーム。玉子と苺のピクルス。」。ハラミのカツレツにソースはアンチョビとブルーチーズでしっかりとした味に。またいろいろな種類のお野菜や半熟卵まではいっており、思った以上にガッツリ。お腹いっぱいになりつつも、美味しいのでモリモリいただきました。

牛ハラミのカツレツ@tokiya

「ホロホロ鶏のコンフィ。コリアンダーとレモングラス風味のビスク。ヤングコーンとホワイトアスパラガス。(プラス¥300)」。塩がきっちりきいた鶏はほろりと骨から外れるほど柔らかく、ビスクが味に奥行きを加える感じ。ごぼうやビーツなど軽やかな野菜達が目にも鮮やかです。こちらもボリューミーでたっぷりと頂けます。

ホロホロ鶏のコンフィ@tokiya

メインには赤ワインを合わせました。赤といってもピノノワールやガメイなど軽めのものが多く、飲んでいて負担にならない赤というのも私好み。実はメインと一緒にリゾットがついてくるのですが、これがまたしっかりとしたボリューム。ココナッツで炊き込まれた味わいはかなり好みなのですが、量を減らしていただきました。

とにかくこちらのお店、華やかなお皿が印象的なのですが、塩がしっかりきいており飲ん兵衛向けの味付けとなっております。コース自体のお値段が良心的なだけあって、是非ともワインを合わせて楽しんで欲しいですね。

本当は教えたくないお店ですが、応援していきたいので今回はブログだけでご紹介したいと思います。アーティスティックなお料理とビオワインが楽しめる、ワイン飲みのための隠れ家ビストロでした。

関連ランキング:カフェ | 学芸大学駅祐天寺駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村