もう終了してしまったのですが、8月27日~9月2日まで宇野亜喜良さんプロデュースの空想百貨博物館が新宿伊勢丹にて開催されておりました。そちらのイベントにてキャンドルデザイナーの友人がキャンドルを展示販売していたので、最終日の終了間近に滑り込む形でお伺いしてきました。

場所は、伊勢丹本館4F「Mixury meets Planets ~未来の宇宙旅行~」のブース。いってみると、カッコいいパネルをバックにキャンドルたちが並んでいるではないですか!

全体@空想百貨博物館(伊勢丹)

まず気になったのが12種類の色の星座キャンドル「黄道十二宮 Constellation Candle」。北半球のモザイクが星座のイメージ、そしてツインキャンドルとして、流れ星が芯の先についています。これはお誕生日プレゼントに喜んでもらえそう!

星座たち@空想百貨博物館(伊勢丹)

そして存在感を放っていたのが「太陽系キャンドル the Planets」。太陽、水星、金星、地球、火星、土星、天王星、海王星、冥王星をイメージしたまあるいキャンドルは、宇宙に浮く惑星のようにお風呂などに浮かべて使うことができるので、リラックスするときにおすすめとのこと。

小さな宇宙@空想百貨博物館(伊勢丹)

ちなみにこのキャンドルたちは北海道室蘭でひとつひとつ手作りされています。大自然のエネルギーを受けているせいか、とても神秘的にみえるのは気のせいでしょうか。

ディスプレイ@空想百貨博物館(伊勢丹)

今回のイベントは終了したのですが、今後もイベントは目白押しとのこと。10月に札幌大丸で、クリスマスの時期にはまた新宿伊勢丹にも出展するかもとのことでした。気になる方はサイトを是非のぞいてみてください。おそらく一年後くらいには、今以上に人気になっているんじゃないかな。応援していますね!

<HOQSEI CANDLE MUSEUM>
http://hoqsei.com/

コンセプトが素敵なので、サイトよりメッセージを抜粋させていただきました。
———————
私たちは、北海道の大自然の中で生まれ育ちました。

私たちのデザインの根底には、Hokkaidoで生まれ育った私たちの幼少の頃から今日まで刻み込まれ 続けている自然への感動の記憶があります。

私たちが描く1つ1つのキャンドルには、日々の生活の中で、”新しい視点と世界観”にさりげなく触れるテーマがあります。
これらが集まった場がMUSEUMです。

21世紀。
”生きる”という目線、”地球”という目線がとても大事な時代にあって、 私たちのコンセプトは、 「地上の日常生活~遥か宇宙の彼方」の時空の中の世界観を描くこと。

これまでの3つのコンセプト。 HOKKAIDO、KIRAKIRA 、SCIENCE をこの中に統合しました。

地球上で唯一、”地球の岬”がある街Muroranから、 大切な方に自分に、本当に喜ばれるプレゼントになるよう、 少量を丁寧に作りお届けしています。
———————

<今回のイベント>
空想百貨博物館 – 2014年 ISETAN IRODORISAI 彩り祭
http://www.miguide.jp/irodori2014/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村