とある週末、牡蠣が食べたい病が発症。和食屋さんでもよかったのですが、牡蠣メインでいただきたかったので、以前からちょっと気になっていたこちらの牡蠣専門店にお伺いしてみました。

場所は三茶のちょっと分かりづらい路地にあり、1Fはジビエ屋さんの2F。古民家をリフォームしているようで、店内にはいるとめちゃくちゃ昭和なお家が上手に居酒屋さん風なインテリアになっていました。テーブルは蒸し牡蠣をいただく前提でつくられていて、ちょっと変わっています。

入り口@かき殻荘

とりあえず今日は牡蠣ということなので、ビールではなく「生スパークリングワイン 590円」で乾杯!

生スパークリングワイン@かき殻荘

まずは「生牡蠣3点盛り(大槌、釜石、五島列島)1599円」から。おすすめ3つの牡蠣のうち、2つが岩手産とは珍しい。お店の方にお伺いしたところ、3.11以降三陸海岸では新しい牡蠣ブランドを積極的に開発しているとのこと。この大槌や釜石の牡蠣もそのようです。これは積極的にいただかないとですね。

生牡蠣3点盛り(大槌、釜石、五島列島)@かき殻荘

生牡蠣の後はあたたかい牡蠣料理を。「牡蠣の香草焼き 599円」。バジルなどの香草と牡蠣が間違いない組み合わせ。ただちょっと小振りの牡蠣だったのが残念。

牡蠣の香草焼き@かき殻荘

そして「牡蠣のゆずグラタン 599円」。やはりグラタンもいい。ゆずがアクセントとなって、さっぱりと爽やかにいただけます。

牡蠣のゆずグラタン@かき殻荘

そしてこちらのお店イチオシなのが「蒸し牡蠣1kg 1799円」。そうですよね、テーブルがもう蒸し牡蠣仕様の鉄板なのですから。思っていたより大ぶりの牡蠣が目の前の鉄板の上に並べられ、ふたをして蒸し上がるのを待ちます。お店の方がちゃんとストップウオッチを使って蒸し上がりをみてくれるのでとっても安心。

蒸し牡蠣@かき殻荘

待つこと20分くらいでしょうか、ふっくらとプリプリに蒸し上がった牡蠣。まずはレモン汁をかけていただきます。わ〜、牡蠣の旨味を上手に閉じ込めたふわっとしたその食感がたまりません!イチオシするだけあって、これは旨い。レモン汁でも十分美味しいのですが、味を変えたいときにはいくつかディップがありトマトのディップをつけていただくことに。味が変わるので、これもまたいいですね。

蒸し牡蠣にトッピング@かき殻荘

牡蠣以外のメニューもいくつかオーダーしました。おすすめメニューから「おくらとトマトの焼きびたし 380円」。夏っぽい組み合わせ。

おくらとトマトの焼きびたし@かき殻荘

「三浦野菜のバーニャカウダ 699円」。三浦半島の新鮮お野菜たちをアンチョビのきいたバーニャカウダをたっぷりつけていただきます。ザクザクとした歯ごたえがなかなかいいですね。

バーニャカウダ@かき殻荘

「ガーリックトースト 299円」。実は先ほどの残ったバーニャカウダソースをつけていただくと、かなり旨い。

ガーリックトースト@かき殻荘

そして〆は「牡蠣めし 399円」で。牡蠣の旨味がしみ込んだご飯に生姜でしっかりと味を引き締めています。

牡蠣めし@かき殻荘

この日はあまり飲まずに、生スパークリングワイン数杯と牡蠣料理三昧で一人5000円弱。「牡蠣が食べたい!」という思いはこれで落ちつきました(笑)。それにしてもこちらはの蒸し牡蠣は大ぶりでホントに美味しかった。今度は蒸し牡蠣メインでもいいかもですね。

かき殻荘 三軒茶屋店

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:オイスターバー | 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村