土曜日にとある勉強会に参加。終了後、懇親会もかねて若者向けのちょいとオサレめな居酒屋さんに食事をすることになりました。

入り口@茶の庭

通された席は小さな4人の個室。それにしても店員さんもお客さんも皆さんお若い。懇親会なのでグルメである必要性はないよねえと思いつつ、まずは生ビールのプレモルをオーダーして乾杯!お通しは京風なおばんさい3種盛り。

お通しおばんざい@茶の庭

やはりこちらのお店、コースにするとかなりお安めでしたが、好きなものをちょっとづつ食べたいということになり、単品料理をいくつかオーダー。まずでてきたのが「竹の子刺し 580円」。シャキシャキの食感がなかなかいい感じ。

筍の刺身@茶の庭

そして「生ホタルイカ刺し 670円」。季節もそろそろ終わりですが、たっぷりと大きめのホタルイカにはやっぱり日本酒を合わせたくなります。

蛍イカの刺身@茶の庭

ということで日本酒リストから「特別純米 No.6 R-Type 980円」。大人気の新政No.6 があるのは居酒屋でもなかなかよいセンス。フルーティーでバナナやピーチのようなかわいい味わいがやっぱり美味しい。この味は飲み過ぎちゃうんですよね。

No.6@茶の庭

そして「本日の鮮魚刺し3種盛」。厚切りのブリや真鯛はとっても食べ応えがあって豪快。

お刺身の盛り合わせ@茶の庭

お刺身には別の日本酒を合わせたくなり「純米酒山田錦低精米80% 紀土 980円」を注文。蔵人たちが作ったお米で作られたお酒とのことで、ラベルもいつもみかける紀土とはちょっと違いますね。グラスに升の受け皿と定番スタイルで、升に入ったお酒には杉の香りがほんのりついて、とても風味豊になって美味しい!ワイングラスもいいのですが、お酒によっては升を使って木の香りをつけた方が美味しくなる気がします。

紀土(純米酒)@茶の庭

そして「エイヒレ」。軽く炙ったエイヒレは香ばしく、日本酒がどんどん進みます。

エイヒレ@茶の庭

「純米大吟醸 喜久酔 松下米40%」も注文。松下米って何だろうと思ったら、有機発酵肥料で田んぼを耕した山田錦を松下米と呼ぶようです。かなり繊細ですが、軽やかな旨味と余韻がとってもきれいなお酒。

喜久酔(純米大吟醸)@茶の庭

調子にのって「純米大吟醸 来福 8% 火入れ」も。このお酒、なんとお米の92%を削って、精米歩合8%からつくったとのこと。獺祭の23%もびっくりしましたが、これは本当に限界に挑戦したのでしょうね。お値段も驚きの価格で「グラス1杯」=「ワインボトル1本分」くらい。せっかくなので、皆さんでシェアして味見w。かなりスッキリとしていて、なんだろう繊細すぎるほどの優しいお酒。とっても貴重な経験をさせていただきました!

来福(純米大吟醸)@茶の庭

気づいたら日本酒の会のようになってしまいましたが、最後はやはりおすすめの茶しゃぶ。お肉は麦豚と美明黒豚の2種類で、どちらもしゃぶしゃぶにしては厚みが合って食べ応えがあるタイプ。しゃぶしゃぶするスープは緑茶がはいっていて、さっぱりといただけました。

茶しゃぶ(豚肉は2種類)@茶の庭

なにげに入った居酒屋さんで、正直こんな日本酒たちがいただけるとは思いませんでした。ただ、メインが団体客向けのお手頃コース料理なので、素敵な日本酒に合わせるにはお料理はちょっと力不足だったかも。

とはいいつつも、日本酒に対するお店の想いはよいと思いますので、今後は日本酒好きに合わせたマニアックなメニューもあるとよいかなと感じました。

こういうギャップのあるお店も面白いと思いますので、日本酒好きの方は是非のぞいてみるといいかもしれませんね!

茶の庭 浜松町・大門店

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:居酒屋 | 大門駅浜松町駅御成門駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlua_brancaをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 グルメブログ フードライターへ
にほんブログ村